荒木飛呂彦原画展 ジョジョ展 JOJO展東京に行ってきた感想ッ!

スポンサーリンク

CMの出来が良すぎな事でも話題の、
「荒木飛呂彦原画展 ジョジョ展 JOJO展 東京」に行ってきましたァァァ!

前回は仙台での開催で、大好評!
東京は、六本木ヒルズキュウウゥン!

簡単ですが、続きに感想レポートレビューッ!

 
 
●素晴らしい展覧会でしたが、11月4日にて閉幕しました。
全国巡回など、期待したいと思います。

●後日、グッズがMekke!で発売されるようです!

 
 
【ネタバレ注意】
会場内は写真撮影NGでしたので、写真はありませんが、
どんなものが展示されていたかの内容を書いている箇所があります。
まだ見ていない方にとってはネタバレになってしまうかも知れませんので注意してください。

ネタバレが気になる方、自身が行くまでは「ジョジョ展」の内容を知りたくないという方などは、絶対に続きを見ないでくださいね!
 
 
 

 
 

スポンサーリンク

荒木飛呂彦原画展 ジョジョ展

 

 
 

●荒木飛呂彦原画展 ジョジョ展 公式サイト
http://www.araki-jojo.com/gengaten/

 
 
という訳で、六本木にやってきました。

六本木ヒルズキュウウゥン!

『スタンド』!?

メメタァ

当日券もあるようですが、今日は「☓」だァ!

いくぜーッ!!

 
 
 

JOJO展

 
とても素敵で、言葉がありません。
荒木先生の作品が好きな方は、間違いなく楽しめると思います。

 
とにかく色がすごいです。

 
やっぱり、生で見られるというのはすごくいい。
原画の端に絵の具?の試し書きがあったり、ホワイトで消した跡があったりもして、とても興味深かったです。

 
初期の作品から展示されていて、何というか、やっぱり荒木先生は初めからずっと荒木先生なんだな、と思ったりもしました。

 
岸辺露伴のデスクと荒木先生のデスク、ジョジョに出てきた小物など、原画の他にも見所があります。
途中にiPadを使った体験コーナーみたいなのがあって、これが中々楽しい。

 
 
あと、これは書いときたい!
とにかく等身大のフィギュアがめちゃくちゃいい出来なんですよ!!!
めちゃくちゃかっこいい!

これ、ほんま、写真撮りたかったァ!!!

 
とにかく、見るのが大変なほど、原画が本当にたくさんあります。

書き下ろしの原画も多くて、それも嬉しかった所。
その中に、個人的にめちゃくちゃ気に入ったのがあって、ため息が出た。

最新作が素晴らしいって、ほんとすごいこと。

 
荒木先生が長い時間をかけて、自身と作品の完成度を高めていっている過程を追うことが出来、荒木先生の世界を満喫できます。

 
展示されている原画の他にも、毎週毎週原稿や別の書き仕事もある訳で、膨大な量をクオリティを高めながら書き続けている。

長くやることがどれほど大変で大切な事なのか、身に染みて感じます。

 
最後の方に、先生のインタビュー映像が流れていたのですが、そこで先生は担当編集者の方との出会いを運命的だったとおっしゃっていました。

当時、ジャンプらしくない風体の漫画で、且つ、連載初期はあまり人気がなかったとのこと。

それでも、担当編集者の方や編集長が面白いと思ってくれていて書かせてくれたから、こんなに長く続いた、といったようなこともおっしゃっていて、人と人との出会いや、引きの強さも作品を続けていく上で重要なことなのだな、と強く感じました。

 
 
ジョジョの奇妙な冒険 4 (ジャンプ・コミックス)
ジョジョの奇妙な冒険 4 (ジャンプ・コミックス)
 
 
 
少し当日の状況を書いておくと、
僕は初日土曜日の14時からの回だったんですが、14時30ぐらいにいったら、めちゃくちゃ並んでたんです。
改めて、15時30分に行ったら、並ばずに入場することが出来ました。

https://twitter.com/gengaten_jojo/status/253827042980810752
公式twitterにもあるように入館指定時間があり、例えば僕みたいに14時の回の場合は、14時〜15時45分までに入ればいいので、15時や15時30分など、入館指定時間の遅くに行ったほうが並ばずに入れるかもしれません。

入館指定時間を逃してしまうと、入場出来なくなるそうなので、必ず自分の入館指定時間など考慮に入れながら、公式サイトなどで色々確認して下さいね!

これ、絶対!!!

 
 
会場内は、あまり混雑しておらず、ちょうどいい人数だと思いました。

間近で見たい場合は、列に並んでテクテク歩きながら原画を見る感じになるかと。

一旦入場すると、閉館の最後までいることが出来ますし、原画会場から退場するまでは最初から最後まで何回でも見ることが出来ると思います。

但し、物販は会場の外なので、物販に行ってしまうと原画展会場には戻れないです。

 
 
会場内はすべて写真撮影禁止です。
ペット禁止の立て札がイギーになってるので要確認!

 
 
僕自身、原画展自体には、15時30分〜17時00分まで、約1時間半ほどいました。

その後、物販に向かうのですが、これがめちゃくちゃ並んでたんです。
結局、18時30分に六本木ヒルズを出たので、1時間半待っていたことになります。

物販のみの入場は出来ないそうです。
事前に注文書を渡してくれるので、物販会場で現物を見ながら決めることが出来ます。
レジは1回のみで、1万円以上でクレジットカードが使えるとの事。

 
結局、六本木ヒルズを入ってから出るまで合計訳3時間強でした。

 
 
一部の商品は、後日mekke!で販売するようですが、会場でしか買えないものもあるので、会場のみ販売で欲しい物がある方は、ある程度は並ばないといけないかもしれません。

 
ただ、混雑状況などは、僕が初日に行ったのもあって混んでいただけなのかも知れないので、週末や平日、入場時間によっていろいろ違うかも知れません。

こればかりは、やはり、当日行ってみないと分からない所かもです。

 
物販はほんと、魅力的な商品ばかりで目移りすると思います。

公式サイトに、いくつか物販商品が載っているのと、公式twitterで売り切れ情報などをツイートしてるみたいなので、色々確認してから行かれるのがいいかと思います。

 
 
 

お土産

 
お土産を少々。

イギーストラップ。500円。

第4部のポスター。1000円。

 
 

フィギュアァァァ!!!

 
帰りに、六本木ヒルズ3Fまで降りてくると、フィギュアを売っているお土産さんがあります!

 
 

おさらい

 
●荒木飛呂彦原画展 ジョジョ展 公式サイト
http://www.araki-jojo.com/gengaten/

●JOJO公式サイト
http://araki-jojo.com/

●ジョジョ展公式twitter
@gengaten_jojo

●JOJO+ Google+のジョジョ展ページです。
https://plus.google.com/116085836947959774664/posts

 
●スタンド『リモートロマンス』で会場内が見られるようです!
http://rr.araki-jojo.com/

 
●公式のジョジョ展発表会の映像です。先生若い。

 
●JOJOmenonも面白かったです!
荒木先生が仕事中に聞いているCDが載っていて、いいなあと思ったり。
クリント・イーストウッドさんとの対談や『岸辺露伴 グッチへ行く』がフルカラー再録されています。
やっぱ荒木先生すごいわ。

 
 
 
●あと、六本木ヒルズには展望台「東京シティービュー」と、屋上「スカイデッキ」があり、ジョジョ展のチケットがある方は、展望台+500円、スカイデッキ+1000円で上がれるそうです。
いま、ウォルト・ディズニー生誕110周年記念「スカイ・ドリーム・ショップ&デッキ」を開催中だそうです!
詳しくは、http://www.roppongihills.com/events/2012/04/tcv_skydream.html

 
以前、僕がスカイデッキに上がった時の映像はこちら。
音が大きいので注意してくださいね。

 
これはジョジョ展の帰りに、地上から撮ったものです。
東京タワーを見ると、何故かテンションがあがってしまいます。
ジョジョ展、楽しかった。

 
 
 
 
 
「荒木飛呂彦原画展 ジョジョ展」素晴らしい展覧会でした。

荒木先生の作品が好きな方はもちろん、漫画が好きな方やイラストなどを創作している方にもとても楽しい展覧会かと思います。

荒木先生、関係者様皆様、ありがとうございました。
とても素敵な展覧会でした。

気になってる方は、是非ッ!

 
 
 

 
 
 
 

注意

この記事ではカバー出来ていないことや間違っている事などあるかもしれませんので、実際に行ってみようと思われた方や、疑問点などがある方は、必ず公式ホームページなどを確認したり、問い合わせるなどしてみてくださいね。

 

 

こちらの記事も是非。

次の日コンビニで受け取れるの最強だから
楽天の方はこっち!
感想
スポンサーリンク
まなべやをフォローする
スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
まなべやブログ

コメント