ふるさと納税やってみたよ!

スポンサーリンク

ふるさと納税やってみたよ!

みなさま、ふるさと納税ってやったことありますか?

私は一度もやったことがなかったのですが、とっても興味があったので、この度初めてやってみました!

 

ネットから簡単に出来ましたので感想レポレビューしてみようと思います。

おすすめのサイト、仕組みや控除上限限度額の計算も。

注文自体は超簡単だったので紹介させていただきます!

 

まなべや
まなべや

と、言っても

お礼品?返礼品?はまだなんやけどね

あれにしたんだ

体験的なやつ!

うさぎ
うさぎ

肉とか、米とか、おせちとか、ビールとか、みかんとか、りんごとか、いくらとか、iPadとか、Apple Watchとか、旅行や旅行券、ギフト券や商品券にしようか、ゴルフにしようか体験にしようか、北海道にしようか山形県、宮崎県、長野県にしようか泉佐野市にしようか小谷村にしようかいろいろ迷ってたもんな笑

体験的なやつも面白そうやん

体験したら、また追記してな

 

 

スポンサーリンク

ふるさと納税とは

「ふるさと納税」とは、応援したい自治体に寄付が出来る制度のこと。

で、何が優れているかというと、

 

1.寄付のお礼に地域の名産品などがお礼品として貰えます。

2.寄付金額は税金から控除・還付されるので、最低で、実質2,000円のみにすることが出来ます。

詳しくは後述しますが、控除の範囲内の金額で寄付すると、負担金2,000円を超える部分の金額が控除または還付されます。

 

簡単にいうと、結果、2,000円で良いものが送られて来るよ!、という事になります!

 

まなべや
まなべや

あと、地域からも選べるし、お礼品からも選べるし、寄付金をどういった使い道をしてほしいかからも選べるし、いろんな側面から自由に寄付できるんだよねえ

うさぎ
うさぎ

寄付金だから、美味しいもの目当てでもいいしさ、想い入れのある地域に寄付してもいいしさ、目的のある使い道に寄付してもいいし、なんでもありなところが、本当良い所だと思うわねえ

ええもん、チョイスできたやんな

 

 

実質2,000円の仕組み

で、「なんで実質2,000円になるの?」と思いません?笑

私も「10,000円とか寄付金払うのに、なんで?」って思っていました。

 

 

ふるさと納税は寄付だから!

ざっくり簡単に一言で言うと、『ふるさと納税は寄付だから!』です!笑

 

ふるさと納税って、\納税!納税!/って言ってるんですけど、本当は実際は形式上は「寄付」なんですって。

で、そもそも「寄付」は税金から控除することができる。

で、で、ふるさと納税は通常の寄付に比べ、控除される額を大幅に増やしてくれてて、自己負担額の2,000円を除いた全額が控除の対象となったから、とのことらしいです。。

 

まなべや
まなべや

なるほど、わからん。笑

うさぎ
うさぎ

いや、わかるやろ!怒笑

まあ、興味なければすっとばしてええよ

なんで2,000円でええんやろかぁ、、とか知らんでも、控除上限限度額さえ超えなければ、誰でも2,000円以上にはならんもん

だから、自分の控除上限限度額さえ知っとけばOKやで

シュミレーションしてチョイスしてな!

ふるさと納税控除上限額シミュレーション」で計算できるでな。

 

というわけで、自分のためにも笑、ちょっと、ざっくり、簡単に、続きを説明をしてみたいと思います。

 

 

実質2,000円にするためには、控除上限限度額を超えないようにするだけでOK!

って言われても、控除上限限度額ってなに?って思いません?笑

 

控除とは?

『控除』っていうのは『ある金額から一定の金額を差し引く』ということです。

税金というのは、働いたりして稼いだお金から何%、という税金の計算をして払っています。

(税金の計算というのは、サラリーマンの方は毎年の年末にある『年末調整』、自営などの方は毎年の2月ぐらいにある『確定申告』になります。)

 

で、『控除』っていうのは、その稼いだお金(所得と言います)から、寄付したお金を差し引いて、税金の計算をするよ、ということになります。

 

つまり税金を計算する時に、『稼いだお金の何%』、ではなくて、『稼いだお金マイナス寄付金の何%』で計算してもいいよ!ってことなんです。

 

結局、『控除』は、払う税金が安くなること、なので、もちろん税金は払うのですが、それが少なくなることで、ふるさと納税した金額も実質的に少なくなりますよ、ということになります。

 

還付とは?

別途、払いすぎた税金が返却されることを『還付』と言い、ふるさと納税では、還付も同時に利用することになります。

『還付』は払った税金が戻ってくること、なので、ふるさと納税で払った金額の幾らかが、1〜2ヶ月後に振り込まれます。

 

で、払った税金の中からふるさと納税分を控除してもらって、なおかつ、還付もされて、結果、実質2,000円になりますよ、ということになります。

詳細な説明は、ふるさと納税サイトの『さとふる』さんの説明ページを見てみて下さいね。

●ふるさと納税とは?初めての方へ/さとふる

 

まなべや
まなべや

この制度は、悪いことやグレーなことをしている訳では全くないので安心して下さいね。

ふるさと納税は、地方にも税金をまんべんなく行き渡らせようという一面もある、とのことですよ。

うさぎ
うさぎ

国がふるさと納税を活性化させるために、そういう制度を作っているのでむしろ積極的に利用していきまっしょい!

 

 

ということで『控除上限限度額』の計算だ!!!

で、「控除上限限度額」の計算は下記で簡単に出来ます!

●ふるさと納税控除上限額シミュレーション/さとふる

さとふる ふるさと納税 控除上限額

 

上記のように、例えば「独身」で収入が「300万円」の人は、『27,000円ぐらいまで』が、ふるさと納税しても実質2,000円の目安ですよ、ということになります。

もちろん、27,000円以上ふるさと納税してもいいんですが、それ以上は、2,000円にプラスされて払う金額が増えていく感じになります。

●ふるさと納税控除上限額シミュレーション/さとふる

 

まなべや
まなべや

これはサラリーマンの方の計算方法でして、自営業と、年金受給者の方はまた違った計算方法になるそうです。

詳しくはこちらの、「所得が年金の方、自営業者の方のふるさと納税控除上限額について」へ。

うさぎ
うさぎ

これ、年収300万円からしか計算出来ないの?

年収100万円とか200万円とかの人はどうなるん?

まなべや
まなべや

年収100万円の人は、ほんま、ざっくり計算して実質2,000円の控除上限額が2,000円とかなんだよね。

だから、2,000円払って2,000円のものを貰う事になっちゃうから、手間もかかるし、あんまり意味がないかな。。と思います。

で、年収150万の人で、ざっくり控除上限額が8,000円ぐらい。

年収200万円の人で、ざっくり控除上限額が15,000円ぐらいになる感じなの。

詳細な計算は「ふるなび」さんの所でもできるよ。

控除上限額の目安/ふるさと納税サイト「ふるなび」

うさぎ
うさぎ

なるほど

っちゅうことは年収500万円とかの人は、逆に控除上限額も多いから、実質2,000円でいろんな物が買えるっちゅうことやね

まなべや
まなべや

買えるっちゅうか、納税してるんやけどな!笑

まあ、そういうことです。

うさぎ
うさぎ

そうやな、まあ、年収150万円ぐらいからなら積極的に使ってもええな、って感じもするんやけど、、

ふるさと納税は、別に本来控除上限額以上に払っても良いので、例えば、被災地や応援したい自治体などに寄付したい場合は、控除上限額なんか気にせず、ガンガンふるさと納税を利用するのも良いと思うで!

まなべや
まなべや

うさぎくんってば、たまに良い事言うやん。。

 

 

方法は、『確定申告』か、『ふるさと納税ワンストップ制度』を利用しますよ

で、どうすればいいんだよ、っていうことなんですが、これも単純で。

 

『確定申告』か、あと、『ふるさと納税ワンストップ制度』というものがあるので、そのどちらかを使います。

『確定申告』は、いつもやってるかたはそれに組み込むだけでOK。

サラリーマンの方は、年末調整があるのでわざわざ確定申告しなくても良い方が多いと思いますので、『ふるさと納税ワンストップ制度』が便利、とのことです。

 

自分も、ふるさと納税ワンストップ制度を使いたかったんですけど、とある事情から、確定申告を利用しようと思っています。

ので、実際に行った作業を、また追記したいと思います。

 

 

で、ふるさと納税って、確定申告とふるさと納税ワンストップ制度というどちらかで手続きしなきゃ実質2,000円にならないんですよね。

『寄付という税金』を収めている訳なので、当たり前っちゃ当たり前なんですが、それが手間だと思われる場合は、例え、実質2,000円でもお得感は薄まる方もおられるかな、と思わなくもないです。

ここは、手間賃との相談、ですね。

自分は確定申告でやるつもりなので、どんなもんか、また追記しますね!

 

やり方は下記がとても詳しいので貼っておきます!

●ふるさと納税 ワンストップ特例制度について/さとふる

●簡単!ふるさと納税の確定申告/さとふる

 

まなべや
まなべや

これでだいたい説明できたかなあ

間違ってたらいけないので、詳細や分からないことなどがあったら、必ず公式サイトなどをご覧くださいね。

詳細は、ふるさと納税サイトの『さとふる』さんとかにいろいろ書いてあるので、ゆっくり見ながら進めるのが良いと思います!

うさぎ
うさぎ

まあ、とりあえず最初は1万円ぐらいやっとく?

 

 

じゃあ、実際に、ふるさと納税やってみたよ!

マジで、めっちゃ迷ったんですけど、最初はここにしました!

赤松種苗さんの「ふるさと寄付金オリジナル記念品」苔玉講習会参加引換券!!!

赤松種苗「ふるさと寄付金オリジナル記念品」苔玉講習会参加引換券/さとふる

 

まなべや
まなべや

我がふるさと、大阪!!!

うさぎ
うさぎ

まじお前の故郷やん笑

まなべや
まなべや

あ、いや、市は違うけどね笑

うさぎ
うさぎ

草花好きやしええやん

しかし、かわええ苔やなあ

 

本当、肉魚野菜とかなんでもあるし、地域の特産品とか、美味しいものにしようかとか、何かに役立つことに使って欲しいなとか、いろいろ考えたんですけど、やっぱ最初は生まれ故郷の大阪にしました。

もともと自然というか草花も好きだし、苔体験も面白そうだし、で、『赤松種苗「ふるさと寄付金オリジナル記念品」苔玉講習会参加引換券』に、1万円ふるさと納税しようと決めさせていただきました。

 

これは体験教室的なやつだと思いますので、後日、またブログに書きたいと思います!

1年間有効らしいので、その間に大阪帰って、行ってきますね。

 

 

最後に

ふるさと納税申し込み完了

というわけで、申し込みが完了しました!

 

さあ、大阪での苔体験はどうなるでしょうか!?

後日、その体験レポートを書きたいと思います!

 

みなさまも、何か欲しいものや寄付したいものがありましたら、ぜひ!

下記に、幾つかのふるさと納税サイトをランキングぽく載せておりますので、参考になれば。

あと、楽天にも特集ページがあったので載せております。

 

最後まで読んでくださって、ありがとうございました!

 

 

オススメ!ふるさと納税サイト5つ

■さとふる

TVCMでも話題のふるさと納税サイト「さとふる」さん。2年連続ふるさと納税サイト認知度No.1・利用意向No.1。ネットでカンタンにふるさと納税ができ、毎日更新の人気ランキングやお礼品評価レビューなどもあります。豊富な決済方法があり、返礼品の発送が早いのも特徴です。私が注文したのも「さとふる」さんになります。とても簡単でした。

 

■ふるなび

独自のサービスが人気の「ふるなび」さん。家電製品の取り扱いが多いのも「ふるなび」の特長です。家電製品の返礼品を希望であれば「ふるなび」がお得です。ふるなびグルメポイント、ふるなびトラベルなど「ふるなび」独自のサービスがあり、受け取ったポイントは各自治体の店舗や旅行に使用可能とのことです。iPadとか、Apple Watchとか、AppleTVとかあるのもここ。

 

■f-style.tax

生活ブランドに特化した納税サイトの「f-style.tax」さん。ファッションを通じての地域支援もできるのが特徴です。バルミューダやル・クルーゼなどもあり、どの返礼品もデザイン性にこだわったもの。地方の問題を解決するために始まったプロジェクトがもとになっているサービスで、全国の地域支援と返礼品ブランドの開拓を行っています。

 

■ふるり

返礼品だけでなく、地域の情報や魅力も発信している「ふるり」さん。品物の背景にある生産者の想いや美味しい情報や、地元の人にも愛される、とっておきのスポットなども紹介。地域がおこなっているプロジェクトや観光名所も見ることができ、地域支援をしたい方にオススメです。

 

■ふるさと本舗

全国のおいしい特産品に特化した「ふるさと本舗」さん。ブランド和牛やカニ、シャインマスカットなど普段はちょっと手がだせない厳選された特産品が取り揃えられています。返礼品の定期便を充実させることで、自治体と生産者間の返礼品の供給時期や、一度に大量の返礼品が届いてしまうなど、「ふるさと納税」の課題解決にも尽力されています。

 

■楽天

「楽天」さんにも、ふるさと納税のページがあります。

ふるさと納税特集ページはこちら

 

感想
スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
まなべひろつぐをフォローする
スポンサーリンク
まなべやブログ

コメント