興味津々「16th DOMANI・明日展」国立新美術館に行ってきた!

スポンサーリンク

DOMANI・明日展

アートと建築の展覧会「16th DOMANI・明日展」に行ってきました!

とても興味津々。

簡単ですが、感想など。

 

 

「DOMANI・明日展」は、文化庁が昭和42年度から実施している、若手芸術家を海外に派遣し研修の機会を提供する「新進芸術家海外研修制度」の成果発表のための展覧会。

今回の16回目は建築関係も一緒に展示されることになったそうです。

場所は、国立新美術館。

201401199762

詳しくは、公式サイトを見てみて下さいね。

 

たくさんの展示作品、どれも興味深かったです。

 

こちらは、大栗恵さんの写真。窓を写した写真達も素敵でしたが、その反対側に展示されていた空と海の写真もとても綺麗でした。

↓の映像作品も大栗恵さんの作品のようです。

 

小笠原美環さんの絵。窓や建物の絵も素敵でしたが、この自転車に乗ってる人の絵が好きでした。作品とは全く関係ないけど展示部屋の継ぎ目がすごく気になってそれを避けてるようにも見えたりした。

201401199703

 

川上りえさんの作品。上からいろんな形の針金みたいのが沢山吊るされています。脳みそみたいで、すごく面白いと思いました。全身に着たい感じです。

201401199706

 

途中に建築ブースがあります。ここ、展示数が多くてすごく楽しかったんですけど、一つ一つのスペースがこじんまりしていたのでもっと大きく見たかったです。それこそ、ブースごと好きに建築してもらってもよかったんじゃないかと。
201401199723
201401199732

 

上に挙げた以外にも沢山展示されています。
建築好きな方など、とても楽しい展覧会なんじゃないかと感じました。

こじんまりし過ぎていてパッと見もったいないので、もっともっと大規模でもいいと僕は思います。

ただそれでも、ほぼ初見だったのですが、建築関係のこういうのもっと見てみたいと新たな欲求が溢れましたよ。

やっぱり、誰かのために何かを作るって、すごくいいな、と思ったり。

で、実際に作った実物も見たいし、そこに一日泊まったりもしてみたいし、何なら住みたい。ここにあった全部が、その為にあるような気がするから。

 

●     ●     ●

 

あと自分、DOMANI・明日展自体に初めて行ったのですが、幾つか内に落ち着いている印象を受けました。

今回たまたまだったのかもしれませんが、もっと外に大きく飛び出してしまっているような痛みを持った、刺激的なものも見たかった気持ちもあります。

ただ、建築関係のものを見るのがほぼ始めてだったこともあり、全体的に非常に興味深く楽しめました。

 

201401199752
最後に、未来の家でこだわるところは?と聞かれたので

201401199753

もちろん、お風呂でしょ!と。

お風呂ですよね?

 

 

こちらの記事も是非。

次の日コンビニで受け取れるの最強だから
楽天の方はこっち!
感想
スポンサーリンク
まなべやをフォローする
スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
まなべやブログ

コメント