Creative Inspire T10 R3スピーカーの感想。コスパ最強。

スポンサーリンク

Creative Inspire T10 R3 スピーカー IN-T10-R3

 

パソコンやテレビのスピーカーで悩んでいたのですが、「Creative Inspire T10 R3 スピーカー」を買ってみて、実際に使ってみたら、とても良かったので、簡単ですが紹介レポレビューをさせて頂きます。

 

初めてのスピーカーや、安くて評判も良く、コスパがいいスピーカーを求めておられる方に、オススメのスピーカーだと感じています。

 

同じように、どこのモノがいいのか、どのスピーカーにしようか等々、悩んでおられる方がいらっしゃいましたら、参考になれば幸いです。

 

 

 

スポンサーリンク

Creative Inspire T10 R3 スピーカー

『Creative Inspire T10 R3(IN-10-R3)(クリエイティブ インスパイア T10 R3)』という名前のスピーカーです。

本体と、2mのコード、電源が入っていて、箱から出してコードと電源を繋げればすぐに使うことができます。

 

そのお値段、なんとアマゾンで3480円。

はっきり言って、コスパ最強だと思います。

もちろん、上の写真の左右のスピーカーとコードと電源が全部付いているので、繋ぐだけで使えますよ!

 

音がいい。

音楽の音

Creative Inspire T10 R3 スピーカー試聴1

とりあえず音を聞いて頂きたいです。

上の動画は、iPhone SEで動画撮影しています。

 

パソコン(Mac)に繋いだモニターとスピーカーを、そのまま動画撮影写しているだけなので、少しこもり気味ですが、音の良さが分かって頂けるのではないでしょうか。

 

高音も出ているし、低音もちゃんと出ているし、音割れもありません!

3000円台の小型スピーカーでこの音が出れば、十分だと感じています。

 

簡単に繋げて、普通にちゃんと聞ける、コスパ最強の小型スピーカー筆頭!という感じがします。

 

 

ちなみに、パソコンで流しているのはSpotifyという音楽ストリーミングサービスです。

曲はMr.Childrenさんのニシエヒガシエ導入部です。

 

Spotifyは公式的に、無料でフル尺の音楽を聞くことができますので、こちらもオススメです。

 

 

映画の音

Creative Inspire T10 R3 スピーカー試聴2

こちらは、アマゾンプライムで見ている『シン・ゴジラ』の導入部です。

もちろん映画も、いい音で楽しむことができます。

 

ちなみに、「シン・ゴジラ」はアマゾンプライムの会員の方は追加料金無料で見ることが出来ます。

他にも、無料で見られる映画や番組がたくさんありますのでオススメです。

Amazonプライムはこちら

 

 

もちろん、ゲームの音も問題ありませんでした。

また、時間ができたときに撮影しますね。

 

 

高音質とは

高音質かと言われたら、オーディオに詳しい方や値段の高い音響システムやスピーカーなどを所有されている方には満足できない音かも知れませんが、普段使いには十分すぎる音だと思います。

 

少なくとも、自分は十分にお値段以上の音だと感じています。

 

 

おすすめ設定

但し、おすすめ設定と言いますか、注意点と言いますか、試してみて欲しいことがあります。

TONEを右にいっぱいにする

上の写真のように、『TONE』を右にいっぱいに回して欲しいんです。

 

もちろん好みもあるんですけど、最初のままの真ん中付近だと音がモコモコしてこもっているように聞こえます。

そんな時は、TONEを右に回して明るい音にしたほうが気持ちいい音になると思います。

 

VOLUMEは7分目ぐらいにしておいて、細かい音量調節はテレビやパソコン側で調節するのがいいと思います。

 

 

サイズ

サイズ

大きさは、公式サイトから『外形寸法:約8.8×19.4×13.2』となっています。

 

上の写真のテレビ(PCモニター)は27インチの大きさです。

高さは、27インチのだいたい半分ちょいぐらいになります。

 

あと、上記にも少し書きましたが、緑のコードの長さは約2mです。

パソコンやテレビと右側のスピーカーを2mぐらい離しておく事ができます。

 

左右のスピーカーのコードは1.3mぐらいです。

なので、左右のスピーカーは最大1.3mぐらい離して置く事ができます。

 

あとは、電源は1.5mぐらいです。

右側のスピーカーは、電源から1.5mぐらい離れた場所に置く事ができます。

 

 

初めてのスピーカーに。

Creative Inspire T10 R3 スピーカー IN-T10-R3

 

初めてのスピーカーにもとてもいいと思います。

見た目もスタイリッシュで可愛い。

後述しますが、繋ぎ方もとても簡単です。

 

テレビそのままのスピーカーを使っておられる方や、パソコンそのままのスピーカーを使っておられる方で、スピーカーを試してみたいとか、スピーカーが欲しいなあ、と思っておられる方に最適なスピーカーだと思います。

 

なんせお値段が安いので、もし仮に自分の気に入らない音でも許せる範囲なんじゃないかと思います。

 

というか、自分もその意気込みで買ってみたら、全く問題なくコスパ最強のスピーカーだったと感じているところなので、普段、普通にテレビを見たり、普通に音楽を聞いたりしている分には、多分、全く問題ない音なんじゃないかと、自分は感じています。

 

このスピーカーを基準にして、もっといいものが欲しくなったら改めて、ヨドバシカメラさんなどでスピーカーを探しに行ったりするのもいいと思います。

 

音の基準がないと、何がいいのか、どんな音が自分の好きな音なのか分からないと思います。

 

なので、初めてのスピーカーや、スピーカーの音を体験しておくのに、お値段的にも音的にも、モッテコイ!のスピーカーだとも感じています。

 

 

接続の仕方とスピーカーの使い方

Creative Inspire T10 R3背面

スピーカーの後ろに「RIGHT SPEAKER(右側)」「LEFT SPEAKER(左側)」と書かれてあります。

 

自分から見て右と左になりますので、コードや電源を繋いだり電源ONつまみとTONEつまみのついている方が右側になります。

上の写真で言うと、右側のスピーカーを自分から見て右側に置きます。

 

Creative Inspire T10 R3スピーカー背面

後ろのコードの繋ぎ方です。

 

緑のコードは、いわゆるイヤフォンとかヘッドフォンの端子と同じ形のものです。

テレビのイヤフォンジャック パソコンのイヤフォンジャック

パソコンのイヤフォンジャック

上記のように緑の線をテレビとかパソコンとかのイヤフォンを差す所や、LINEOUTと書いてある所に差し込んで、逆側をスピーカーに差します。

 

コード

この緑のコードは「ステレオミニプラグ」と言います。

 

付属のものは2mぐらいなので、もう少し長いものが欲しい方もいると思います。

 

そんな時は例えば下記のような、両方とも「ステレオミニプラグ」のもの(いわゆるオスオスと言います)がネットや電気店等で売っていますので、それを購入して繋げば大丈夫です。

アマゾンや楽天などのネットショッピングで「ステレオミニプラグ 3m」とか検索して、両端ともステレオミニプラグのものを選べばOKです。

 

 

 

Creative Inspire T10 R3電源

あとは、電源をつけて、スピーカーの電源をONすればOKです。

 

Creative Inspire T10 R3電源

一通りコードを繋いだら、POWER/VOLUMEのつまみを右に回していくと、電源がONになって、音量が上がっていきます。

これで設定は全てOKです。

 

オートパワーセーブ

地味に嬉しいのが、一定時間音が出ていないと自動で電源スリープの状態になって、その時に音が鳴り始めると勝手にONの状態になることです。

 

公式の説明書によると、「オーディオ入力が約10分程度ないと、本スピーカーパワーセーブモードになります。この場合にオーディオ入力を検出すると自動的にパワーセーブが解除されます」とのこと。

 

使わない時や完全に電源OFFにしたい場合はつまみを左いっぱいに回す必要がありますが、すぐ使う時などのスリープ状態でもいいなら、そのままほっておいたほうが楽かと思います。次テレビをつけて音が鳴るときに勝手にONになると思います。

 

側面にイヤフォンを繋げられる

Creative Inspire T10 R3側面

テレビのイヤフォンジャックにこのスピーカー繋いだら、イヤフォン繋ぐとこないじゃん!ってなるんですけど、そんな人の為に側面に、イヤフォンジャックが付いています。

これも嬉しい所ですね。

 

その横にある「AUX IN」というのは背面の緑のやつと同じで、ここからも音声入力出来ますよ、ということです。

やったことはないのですが、背面にパソコンを繋いで、この側面にiPhoneなどを繋いで2つの機械から入力できるということになると思います。

 

今、コードがないので今度やってみますね。

 

スピーカースタンド

Creative Inspire T10 R3スタンド

で、これはおまけ情報というか自分が気に入ってる仕方なのですが、

スピーカーの下は硬いもののほうがいいと言われています。

 

いや、いいのかどうか詳しくは良く知らないのですが、自分の好み的に、硬いものの上にスピーカーを置いた方が音が締まる感じがして好きなのです。

自分は音がシャキッとする(いわゆる硬い?)感じが好きなので、レンガの上に置いています。

 

そのままレンガの上に置いておいてもいいのですが、さらに「audio-technica ハイブリッドインシュレーター AT6098」というものを置いて、その上にスピーカーを置いています。

 

この、ハイブリッドインシュレーターというものは、何がどうなってそうなるのかさっぱりわからないのですが、音がはっきりすっきりします。

素人の自分にもわかるぐらいなので、多分、ちゃんと現実的に変化しているのだと思います。

 

これも音の好みの問題でもありますが、気になった方は、一度試してみるのもいいかなと思います。

 

 

ブルートゥース(Bluetooth)モデル

上記、ブルートゥース(Bluetooth)モデルもあるようです。

実際に使ったことがないので音など分かりませんが、評判は悪くないように思います。

ブルートゥース(Bluetooth)は無線で繋げることの出来るもので、イヤフォンジャックがないものでも繋ぐ事が出来ます。

 

 

『BOSE』のスピーカー

boseスピーカー

余談なんですが、好きでずっと使っている『bose』のスピーカーがあります。

 

結局、良い音か悪い音かという物語は終わりを迎えることはないと思います。

だけど、自分は何が好きか、だったら分かるような気がします。

それこそが、スピーカーから溢れ出る音たちの楽しみ方の一つなのではないか、と自分は感じています。

 

自分は『bose』の音も好きなのですが、今回紹介させていただいた『Creative Inspire T10 R3』の音も好きです。

 

結局は好みだと思いますので、まずは、『Creative Inspire T10 R3』で自分の好きな音を探してみるのも面白いんじゃないかなと思います。

自分もまた、スピーカーやアンプなど音楽関係のものを色々試してみたくなってしまいました!笑

また何かよいものがあれば、これからも、いっぱい紹介させていただきたいなと思います。

 

最後に

Creative Inspire T10 R3スピーカー

 

初めてのスピーカーが欲しい方にもオススメです。

テレビやパソコンからそのまま音を聞いている方で、音が気になっている方にもオススメです。

また、現在1000円以下のUSBから電源を取るタイプのスピーカーをお使いで、別のスピーカーを考えておられる方などにもオススメのスピーカーだと思います。

 

『Creative Inspire T10 R3』は、安くて、簡単に繋げて、普通にちゃんと聞ける、コスパ最強の小型スピーカー筆頭です!

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

 

 

感想
スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
まなべひろつぐをフォローする
スポンサーリンク
まなべやブログ

コメント