Go To Eatキャンペーンもうすぐ開催!簡単まとめはこちらから!

マイナポイントとは?何をどうすればよいのか?申請方法や流れ・注意点など解説

※ご覧頂きありがとうございます。本記事は細心の注意を払って作成しておりますが、変更や間違い等々生じる可能性がございます。必ず、公式サイトなどをご確認頂き、自己責任にてご判断頂きますよう、何卒、よろしくお願いいたします。

スポンサードリンク

マイナポイントとは?

マイナポイントとは?何をどうすればよいのか?申請方法や流れを解説。

マイナポイントとは、ざっくり申しますと

  1. マイナンバーカードを作って
  2. 申し込んだキャッシュレス決済で2万円使うと
  3. 最大5000円分が還元される

ことです。

ちなみに、マイナンバーカードでお買い物する訳ではなく、事前にお申し込みしたお使いのキャッシュレス決済でお買い物すると、最大5,000円分が還元されます。

例えば、4人家族なら最大2万円還元されますので、お得です。(お子様の分は法定代理人(親)の別のキャッシュレス決済でやるみたいです。詳細はよくあるご質問へ

それらを総じて「マイナポイント事業」と言います。

マイナポイント事業「マイナンバーカードでマイナポイント」
まなべや
まなべや

私もまだマイナンバーカードの申請だけしかやっておりませんので、ざっくりまとめてみました。還元率25%なので積極的にやりましょう。続きにやることを順を追って流れや注意点など解説いたしますね。変更などあるかもですので、詳細は必ず、公式サイトをご確認くださいね。

せっちゃん
せっちゃん

マイナンバーカードをまだ作っていなくて、何が何だか良くわからない方は、ぶっちゃけ、市町村役場のマイナポイント窓口に直接行って全部聞いてみるのが一番早いと思います。その際、身分証明書(とお持ちなら通知カードも)があればベストかと思います。

スポンサードリンク

マイナポイントを受け取るには、一体、何をどうすればよいのか?

  1. 【今できる】マイナンバーカードを作る ※お早めに!
  2. 【マイナンバーカードを受け取ったらできる】マイナポイントを予約する ※お早めに!
  3. 【マイナンバーカードを受け取ったらできる】マイナポイントを申し込む
  4. 【マイナンバーカードを受け取ってマイナポイントを申し込みをしたら2021年3月末まで出来る】申し込んだキャッシュレス決済でチャージかお買い物をすると、最大5,000円分還元される
まなべや
まなべや

1番のマイナンバーカードを作るのは今すぐでもできます。今晩の暇な時にでも申請しておきましょう。実際にカードが出来るまで1ヶ月ぐらいかかるようです。マイナンバーカードを受け取ったら、2番3番のマイナポイントの予約と申し込みは同時にできますが、「※マイナポイントの予約者数が予算の上限に達した場合には、マイナポイントの予約を締め切る可能性があります。」とも公式サイトに書いてありますので、既にマイナンバーカードお持ちの方は、予約までしたほうが良いですね。4番の実際の還元は9/1からのチャージやお買い物からです。

せっちゃん
せっちゃん

とりあえず、なるべく早く、マイナンバーカードの申請して作っておいて、マイナポイントの予約だけはしておいた方がよいですね。マイナンバーカードは正面からの顔写真が必要ですので、そこが少し面倒でしょうか。但し、マイナンバーカードの申請は義務ではありませんので、自己判断にて、ご一考くださいね!

 

スポンサードリンク

1.マイナンバーカードを作る

まず、公式サイト内閣府の申請方法が分かりやすいと思いますので、一度、ざっと見てみてくださいね。

マイナンバーカードの取得方法 | マイナポイントの取得・利用まで | マイナポイント事業
マイナポイント事業サイトの「マイナンバーカードの取得方法」のページです。マイナンバーカードを取得するにあたって必要な情報をご案内します。

https://www.cao.go.jp/bangouseido/pdf/leaf2019_card_apply.pdf

 

まず、マイナンバーカードを作るには「交付申請書」が必要です。

その「交付申請書」で申請したら、お家に「交付通知書」が届きますので、それに記載されている必要書類を持参して、市町村窓口にマイナンバーカードを受け取りにいきます。

  1. 交付申請書で申請する
  2. 交付通知書が本人宛に届く
  3. マイナンバーカードを取りに行く

 

まず「交付申請書」は、「通知カード」(何年か前に送られてきているはず)がある方とない方で分かれます。

■通知カード・・・何年か前に送られてきたマイナンバーを通知する紙っぽいやつ。廃止された。
■マイナンバーカード・・・申請したら作ることができる写真入りのカード的なやつ。マイナンバーとか色々記録されている。これから免許証や健康保険証なみに色々出来るようになる予定。超便利になる予定。
■マイナンバー・・・国民全員に割り振られた番号。実はすでに国民全員に割り振られています。

 

1.通知カードがある方

マイナンバーカード交付申請書

通知カードというのは、上記のやつです。

その通知カードの真ん中の部分、上記の【ココ】の部分に、実は「交付申請書」が付いています。

 

その「交付申請書」を使って、下記4通りの方法で、マイナンバーカードを作る(申請する)ことができます。

 

▶︎4通りの申請方法は、スマホ、パソコン、郵便、証明写真機の4つです。

4通りの申請方法は、スマホ、パソコン、郵便、証明写真機の4つ

あとは、それぞれのやり方で申請します。

スマホかパソコンからが楽でしょうか。何にせよ、自分の写真は必要です。

▶︎それぞれの詳細なやり方は、必ず、公式サイトをご確認くださいね。

マイナンバーカードの取得方法 | マイナポイントの取得・利用まで | マイナポイント事業
マイナポイント事業サイトの「マイナンバーカードの取得方法」のページです。マイナンバーカードを取得するにあたって必要な情報をご案内します。
まなべや
まなべや

通知カードの真ん中の部分て「交付申請書」になってたのいままで知らんかったですよ!笑。実は裏面に写真貼る所とかあったんだ!って初めて知ったよ。。笑。

 

2.通知カードがない方

通知カード(の真ん中の部分)をなくしてしまった方や捨ててしまった方も多いと思いますが、下記2通りの方法があります。

  1. 交付申請書と封筒をダウンロードして郵送で申請する。
  2. お住いの市町村に行って交付申請書を貰う。そのまま市町村窓口に提出して申請もOK。
まなべや
まなべや

とりあえず、市町村窓口に電話してみても良いかもですね。送ってくれるかもですし。

1.交付申請書と封筒をダウンロードして、郵送する

通知カードは廃止されていますので、交付申請書と封筒をダウンロードして郵送で申請をします。

やり方は、マイナポイントの公式サイトの下の方の「交付申請書を持っていない場合はこちらから! 」に載っています。交付申請書と封筒をダウンロードして、郵送で申請します。

マイナンバーカードの取得方法 | マイナポイントの取得・利用まで | マイナポイント事業
マイナポイント事業サイトの「マイナンバーカードの取得方法」のページです。マイナンバーカードを取得するにあたって必要な情報をご案内します。

2.お住いの市町村窓口に行って交付申請書を貰う。そのまま市町村窓口に提出もOK。

もしくは、お住いの市町村窓口で「交付申請書」を再発行してもらえます。そのまま記載して窓口に提出もできるようです。

本人確認書類が必要だと思います。市町村によっては、写真撮影や申請補助も行ってくれる所もあるようです。優しい。

まなべや
まなべや

通知カードなくしてしまった方は、多分、各市町村に専用の窓口があるかと思いますので、とりあえず電話してみるか、本人確認書類を持って、一度、ご確認いただくのが良いかと思います。※コロナ感染拡大に十分注意いたしましょう。

せっちゃん
せっちゃん

ご自分のマイナンバー自体がわからない方も、お近くの市町村窓口にご確認いただくのが良いかと思います。本人確認書類が必要だと思います。

 

※カードの申請から受け取りまで1ヶ月以上かかるそうです!申請はお早めに!

実際に、お買い物で5,000円還元が始まるのが、2020年9月〜2021年3月末までですが、できるだけ早い方が良いですね。

現在、通知カードをお持ちでスマホかパソコンをお持ちなら、今すぐマイナンバーカードの申請ができます。

まなべや
まなべや

先ほど、マイナンバーカードの申請だけは終わりました!スマホからやりまして、30分ぐらいで申請できました。超簡単でしたよ!写真が必要ですので、めんどくさいのはそれだけですね。写真は家の中の白っぽい壁を背に適当にスマホで自撮りしましたよ笑!到着を待ちたいと思います!

 

スポンサードリンク

2.マイナポイントを予約する

まなべや
まなべや

マイナンバーカードを受け取った後、この辺りから、何が何だかわからない方は、窓口に行った方が早いかもです。市町村窓口でもマイナポイント手続きスポットができるようです。詳しくはこちらでお近くの場所を検索してご確認くださいね

せっちゃん
せっちゃん

自分まだやってないのですが、パソコンだとIE11だけとかいろいろ制限?があるみたいですね。。

無事、マイナンバーカードが作れたら(申請ではなく、受け取ってきてお手元にある状態)、次はマイナポイントを予約します。

「マイナポイントの予約」って何?と思われたと思うのですが、

  • 予約とは、「マイキーID」という「マイキープラットフォーム」に入るためのIDを作ることです。

 

 「マイキープラットフォーム」とは、国(総務省)が作った、マイナンバーで色々できるサイトのことです。今後色々出来るようになるので、そこに入るためのIDを作っておく、ということになります。マイナポイントだけじゃなく色々できるようになるらしいので、その入り口になるサイトだと思います。一例の自治体ポイントの説明などはこちら総務省の説明はこちら

 

マイナポイントの予約(マイキーIDを作る)に必要なものは下記3つです。

  1. マイナンバーカード
  2. マイナンバーカードのパスワード(数字4桁)
  3. スマートフォンかパソコン

※スマートフォンはNFCが必要。対応のスマホ一覧iPhoneでうまく読み取れない方
※パソコンはICカードリーダライターが必要。対応機種はこちら

 

・NFCとは、スマートフォンの非接触通信技術(対象に触れずにかざすだけで通信できる方法)のことです。iPhone7以降、Androidも新しいものはNFC対応です。対応のスマホ一覧はこちらです
・ICカードリーダライターとは、パソコンにつないで同じく非接触通信が出来るようになる機械のことです。対応機種はこちら

 

上記3つ「マイナンバーカード」「マイナンバーカードのパスワード」「NFCスマホか、ICカードリーダライタを付けたパソコン」が用意できましたら、実際の予約方法は、下記2つです。

  • NFC搭載のスマホで、アプリをダウンロードして、予約を行う。
  • ICカードリーダライター付きのパソコンで、予約を行う。

 

別途、上記しましたが、良くわからなければ、7月から全国の市町村などのマイナポイント手続きスポットでも予約・申し込みができるようになっているようですので相談してみましょう。詳しくはこちらです

マイナポイント手続スポット | マイナポイント事業
マイナポイント事業サイトの「マイナポイント手続スポット」のページです。

 

実際の予約の方法は、こちらの公式サイトをご確認くださいね。

専用のサイトに行って、専用ソフトをダウンロードしたりして、色々します。

まなべや
まなべや

あと、『※マイナポイントの予約者数が予算の上限に達した場合には、マイナポイントの予約を締め切る可能性があります。』と公式サイトに書かれてありますので、予約もなるべく早い方が良いですね。マイナンバーカードをお持ちの方は、予約までやっておきましょう。

せっちゃん
せっちゃん

私もまだ何もやっていないので、そんなにすぐにはなくならないと思いたいのですが笑、こればっかりは国の予算の事なので、いつ予約が締め切られるのか分からないですよね。今のところ4,000万人までとのことですので、多分、大丈夫だとは思いますが絶対はないので、予約まではお早めに。

 

という訳で、詳細は必ず、公式サイトご確認くださいね。良くわからなければ、市町村のマイナポイント窓口にお電話するか直接行きましょう。

▶︎マイナポイントの予約・申込に必要なもの

マイナポイントの予約・申込方法 | マイナポイントの取得・利用まで | マイナポイント事業
マイナポイント事業サイトの「マイナポイントの予約・申込方法」のページです。マイナポイントの予約(マイキ-IDの登録)をするにあたって必要な情報をご案内します。

 

スポンサードリンク

3.マイナポイントを申し込む

マイナポイントを申し込むとは、

  • どのキャッシュレス決済で最大5,000円分もらうのかを申し込みすること、です。

 

下記にマイナポイントを申し込んで使うまで動画がありますので、ざっくり、見てみてくださいね。

マイナポイントの利用について

 

キャッシュレス決済はなんでも良いわけではなくて、対象が決まっています。

大手はほぼ対応していますが、JCBやセゾンカードや三菱UFJカードなど大手でも参加していない企業もありますので注意してください

お手持ちのクレジットカードでは、もしかして受け取れない場合があるかもですのでご確認くださいね。今後、もしかしたら追加されるかもですが、不明です。

▶︎対象のキャッシュレス決済はこちらです

対象となるキャッシュレス決済サービス検索 | マイナポイント事業
マイナポイント事業サイトの「対象となるキャッシュレス決済サービス検索」のページです。

 

さらに注意点としまして、一度、マイナポイントのポイント還元とキャッシュレス決済を設定すると変更できないようです。公式サイトに「※申込み後に別のキャッシュレス決済サービスに変更することはできません。」との記載があります。

なので、対象で、かつ、普段からよくお使いのキャッシュレス決済や、下記のように、何かしら設定キャンペーンがあるキャッシュレス決済に設定するのがよいのかなと思います。

現在、マイナポイントを申し込むと、5,000円にさらに追加でもらえるキャンペーン

申し込みの期限が決まっている場合がありますので、各公式サイトで必ずご確認くださいね。※例えば9/30までのものは今からマイナンバーカードを申請する方は間に合わない可能性があります。期限にもご注意くださいね。

まなべや
まなべや

今やってそうなキャンペーン載せてみました。例えばd払いは7500円相当(銀行チャージだとさらに最大+1000円相当)、WAONだと合計7,000円相当になります。チャージだけで良いのでいいですね。但し、後日発表されるものがあるかもですが、発表されないかもです。変わっているかも知れませんので、必ず公式サイトなどで色々ご確認くださいね。上記の中から決めても良いかと思いますが、チャージしたり使わないと還元されず意味がないので、お近くのお店のいつも使っているキャッシュレスに決めるのも良いと思います。あと期限がありますので、注意して下さいね。マイナンバーカードが届くまで申し込み出来ませんので、間に合わないものが出てくるかも知れません。

せっちゃん
せっちゃん

例えば、予約が終わってるなら、追加還元キャンペーンを待ってギリギリまで申し込みを待っても大丈夫なのかな?(なんなら来年に入ってからでもOKなんだろうか?)なんか早く申し込みしたくなっちゃいますよね。自分はどうしようかな?ご家族が多いと、キャンペーンあるほうが総額も大きくなって、かなりお得ですもんね。ギャンブル的にメルペイか楽天Edy、普段d払いもお使いならd払い、お近くにイオンがあるならもうWAONやWAON付きイオンカード、LINE Payをお使いならLINE Payで良いような気もしますけどね、、今のところ。でもまだ、ギリギリになってさらに上乗せとかあるのかな笑?

 

キャッシュレス決済をお持ちでない方は、何かしら作らないといけません。

楽天カード

現在、キャッシュレス決済をお持ちでない方は、何かしら作らないといけません(マイナポイント事業はキャッシュレス決済推進も含んでいる為)。

下記のページにマイナポイント対象のキャッシュレス決済が載っていますので、このなかから選ぶ必要があります。

▶︎キャッシュレス決済サービス検索

対象となるキャッシュレス決済サービス検索 | マイナポイント事業
マイナポイント事業サイトの「対象となるキャッシュレス決済サービス検索」のページです。

 

キャッシュレス決済の一番最初は、交通系電子マネーICカード(SuicaカードやICOCAカードなど)をよく使う駅で作ってみてチャージして日々使ってみるか、よく行くお店の電子マネーカードを作ってみるか(WAONや楽天Edyなど)、クレジットカード(楽天カードやdカードなど)を1枚持ってそれ中心に使ってみるのが簡単で分かりやすく便利だと思います。

ですが、クレジットカードに抵抗があるなら、スマホQRコード決済(d払いなど)が追加でもらえる還元も多いので良いと思いますが、使える場所が交通系やクレカに比べて少ないですので、お近くのお店などで簡単に使えるキャッシュレスでも良いと思います。

▶︎更新できておりませんのでご参考までになるのですが、おすすめのクレジットカードはこちらです。例えば今後も使いやすい「楽天カード」などの年会費永年無料のクレジットカードなどにするでも良いと思います。

おすすめクレジットカード、2020年6月のキャンペーンまとめ。
年会費無料含む、おすすめのクレジットカード、2020年6月のキャンペーンまとめてみました。VISA LINE Payカード、三井住友カード、dカード、イオンカード、JCB CARD W、ヤフーカード、MUFGカードです。年会費無料クレカ紹介や、クレカの選び方も。

▶︎こちらも更新できておりませんのでご参考までになるのですが、おすすめのスマホ決済などの紹介はこちらです。例えば、ドコモをお使いでしたら「d払い」、auなら「auPay」、ソフトバンクなら「PayPay」とお使いのスマートフォンで決めても良いと思いますし、単純に使える場所が多い「PayPay」にしても良いと思います。

【2020年6月度版】おすすめキャッシュレス決済とポイ活、ペイ活、お得な節約キャンペーン情報など総まとめ
2020年6月度版更新中。おすすめキャッシュレス決済、ポイ活、ペイ活、キャンペーン情報、クレカ系など、お得な節約情報を随時更新でまとめています。d払い、PayPay、楽天ペイ、auPay、LINEPay、メルペイ、dポイントカード、楽天ポイントカード、amazon、楽天市場、通信費削減など。
まなべや
まなべや

マイナポイント対象のキャッシュレス決済が必要ですので、サービス検索ページから探してみて下さいね。Suica、WAON、楽天カード、PayPayなどの大手はほぼ対象ですが、作る前に一応、対象かどうかの確認はしておいた方が良いと思います。※JCBやセゾンカードや三菱UFJカードなど大手でも参加していない企業もありますので注意してくださいね

せっちゃん
せっちゃん

使うキャッシュレス決済が決まったか、マイナポイントのために新しくキャッシュレス決済を始めたりして使うキャッシュレス決済を決めたら、必ず、マイナポイント公式サイトから申し込み方法を見て、申し込んでくださいね。使おうと思っているキャッシュレス決済の名前のところに行って、申し込み方法をご確認くださいね。例えば楽天カードはこちらです

 

マイナポイント対象のキャッシュレス決済

ここ大切なので、もう一度、まとめてご紹介しておきますね。

マイナポイント対象のキャッシュレス決済は、Suicaなどの交通系電子マネー、楽天カードやdカードなどの各種クレジットカード、d払いやPayPay、楽天ペイ、LINE PayなどのスマホQRコード決済、楽天EdyやWAON、nanacoなどの電子マネーなど、色々あります。

マイナンバーカードを受け取ったあと、それぞれの方法で申し込みが必要です(マイナポイント公式サイトのそれぞれのキャッシュレスのページの「申込詳細」にリンクされています)。

ただし、JCBやセゾンカードや三菱UFJカードなど大手でも参加していない企業もありますので注意してくださいねこちらより検索してみてくださいね

キャッシュレス決済を作るだけではダメで、お支払いをするか、チャージするか等々で使わないと還元されないため意味がないので、まずは自分が使えることが大前提で、出来れば追加の還元が多いキャッシュレスが良いと思います。

個人的には、追加で還元が多い「d払い(に3万円銀行チャージで+1000で、さらに、d払いで最大30%還元する)」か「WAON(WAON付イオンカード)」か「LINE Pay」が良いのかなあ、、と思ったりするのですが、使ってなんぼですので、街で使える場所が多いPayPayや、楽天市場をお使いなら楽天カードなど、自分が一番使いやすいキャッシュレスにするなどでも良いと思います。色々ご検討下さいね。

▶︎キャッシュレス決済サービス検索

対象となるキャッシュレス決済サービス検索 | マイナポイント事業
マイナポイント事業サイトの「対象となるキャッシュレス決済サービス検索」のページです。
まなべや
まなべや

つまり「マイナポイント」とは、お使いのキャッシュレス決済で受け取れるポイント還元キャンペーンのことです。ここ分かりにくいかもですが、よくPayPayなどがやっているポイント還元キャンペーンと同じですね。どこからお金が出ているか(国か民間か)の違いだけです。

せっちゃん
せっちゃん

マイナポイント事業は、マイナンバーカード普及+キャッシュレス決済普及+景気対策を同時に行っていますので、マイナンバーカードとキャッシュレス決済が必要です。そのお金は国が出してくれて、その総称として「マイナポイント」と言っています。なので、実際に5,000円分を受け取るのは、お使いのキャッシュレス決済のいつものポイントやチャージになります。

 

スポンサードリンク

4.【2020年9月から2021年3月末まで】申し込みしたキャッシュレス決済でチャージやお買い物をすると、最大5,000円分還元される

という訳で、マイナンバーカードでチャージやお買い物をする訳ではありません。

上記で申し込みした、それぞれ各自のキャッシュレス決済でのチャージやお買い物に応じて、最大5,000円分還元されます。

 

実際の還元方法は、それぞれのキャッシュレス決済で違います。

チャージした時に上限5,000円分が順次追加チャージされたり、2万円使った後2,3ヶ月後に上限5,000円分が順次ポイント還元されたり、色々あるようです。

チャージが対象のキャッシュレスだと、それこそ2万円チャージするだけで5,000円分がすぐ還元されるものが多いと思いますので楽ですね。逆にクレジットカードなどは使って後日還元などが多いと思いますので、実際にポイントとして受け取るのは2,3ヶ月後になるかもです。

 

下記、お申し込みされたキャッシュレス決済の所にそれぞれ書いてありますので、還元方法も見ておきましょうね。

▶︎キャッシュレス決済サービス検索

対象となるキャッシュレス決済サービス検索 | マイナポイント事業
マイナポイント事業サイトの「対象となるキャッシュレス決済サービス検索」のページです。

 

ざっくり、以上になります。

▶︎変更あるといけませんので、詳細は必ず「マイナポイント公式サイト」をご確認くださいね!

マイナポイント事業
「マイナポイント事業」のサイトです。本事業は、マイナポイントの活用により、消費の活性化、マイナンバーカードの普及促進、官民キャッシュレス決済基盤の構築を目的とする事業です。
まなべや
まなべや

自分は、マイナンバーカードの申請だけ終わりました!また、変更等ありましたら、追記いたしますね。ゆっくり、ひとつひとつやってみましょう。という訳で、一番最初の「マイナンバーカード」申請と、マイナポイントの予約はお早めに!

せっちゃん
せっちゃん

マイナンバーカードの申請は義務ではありませんので、自己判断にて、ご一考くださいね!

 

▶︎マイナポイントとは?何をどうすればよいのか?申請方法や流れを解説。現在、申し込み中です。5,000円相当還元ですので、ご検討のご参考になれば幸いです。

マイナポイントとは?何をどうすればよいのか?申請方法や流れ・注意点など解説
マイナポイントとは?何をどうすればよいのか?マイナンバーカード申請方法やマイナポイント予約、お申し込み。キャッシュレス決済の選び方やチャージ、お買い物の流れを解説。

 

▶︎【PayPay】PayPay、今月のおすすめキャンペーンまとめ

【PayPay】2020年9月のおすすめキャンペーンまとめ
PayPayの2020年9月おすすめキャンペーンまとめです。

 

▶︎【楽天ペイ】楽天ペイ、楽天ポイントカード、楽天カード、今月のおすすめキャンペーンまとめ

【楽天ペイ】2020年9月のおすすめキャンペーンまとめ。楽天ポイントカードと楽天カードも。
楽天ペイ、楽天カード、楽天ポイントカード、楽天Edyなど、楽天系キャッシュレス決済、楽天経済圏のおすすめキャンペーンをまとめてみました。

 

▶︎【d払い】d払い、dポイントカード、dカード、今月のおすすめキャンペーンまとめ

【d払い】2020年9月のおすすめキャンペーンまとめ。dポイントカードとdカードも。
2020年9月度のd払いとdポイントカード、dカードのおすすめキャンペーンをまとめてみました。基本還元率0.5%。

 

▶︎【auPay】auPay、auPayマーケット、Pontaポイント、今月のおすすめキャンペーンまとめ

【auPay】2020年9月のおすすめキャンペーンまとめ。Pontaポイントも。
2020年9月度のauPayとPontaポイント関係のオススメキャンペーンをまとめています。

 

▶︎【ポイ活】おすすめポイントサイト3選+α。初心者のためのポイ活とは何か?を紹介・メリット・デメリット・人気サイト・始め方・流れ・注意点など

【ポイ活】おすすめポイントサイト3選+α。初心者のためのポイ活紹介・始め方・注意点など
オススメのポイントサイトを3つ紹介いたします。ポイ活を始めたい方、ポイ活初心者の方におすすめです。モッピー、楽天スーパーポイントスクリーン、ファンくる、楽天リーベイツです。良いポイントサイトが見つかりましたら、随時更新追記いたします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました