ドラゴンクエスト ライブスペクタクルツアーに行ってきたよ!

 

公開日:

 

Twitter
facebook
line
hatebu

201607308319

凄かった!!!

『ドラゴンクエストライブスペクタクルツアー』に行ってきたのですが、予想していたものをはるかに超える体験を提供してくれていて、想像していた感じとは全然違っていて、めちゃくちゃ感動しました。

とにかく、めちゃくちゃ壮大で本格的で体験的で刺激的で感動的な、とても素晴らしい舞台。

大人達も、子ども達も、ご家族もたくさんで、みんなすごく楽しそうだった。

高揚感ぱない。

言葉でうまく伝えられるか分かりませんが、感想レポートレビューやチケット、グッズの事などなど、色々書いてみました。


<ネタバレ注意>
内容のネタバレしています。写真撮影OKの場所は写真を撮りまくってきましたので、この先に幾つか写真が貼ってあります。ドラゴンクエスト ライブスペクタクルツアーの内容を知りたくないという方、ネタバレされたくないという方などは、絶対に続きを見ないでくださいね!

 

スポンサードリンク

 

ドラゴンクエスト ライブスペクタクルツアー

201607308033

ドラゴンクエスト ライブスペクタクルツアー公式サイトはこちら。

全国巡回開催!

ドラゴンクエスト ライブスペクタクルツアーは全国を巡回する予定だそうです。

●【さいたま公演】さいたまスーパーアリーナ
2016年7月22日(金)〜31日(日)

●【福岡公演】マリンメッセ福岡
2016年8月5日(金)〜7日(日)

●【名古屋公演】名古屋 日本ガイシホール
2016年8月12日(金)〜14日(日)

●【大阪公演】大阪城ホール
2016年8月18日(木)〜22日(月)

●【横浜公演】横浜アリーナ
2016年8月26日(金)〜31日(水)

詳しくは、公式サイトまで。

チケットのこと

201607308083

チケットは、S席大人9500円、子ども7500円。A席7500円、子ども5500円。他、限定のプレミアムチケットが発売されています。

間違いや変更があってはいけませんので、必ず公式サイトのチケット情報を確認してくださいね!

グッズのこと

早速、かわいいスライムの形のお店があります。
201607308024

キングスライムやゴーレムも。
201607308040

グッズの数々。
201607308078

グッズは道具屋で売ってます。
201607308059

スライムのかき氷屋さんです。
201607308072
201607308066
201607308098

スライムのかき氷、「帰りでいいか」とか思ってたら帰りには売り切れていました笑!わろた。涙。早めに買わないと売り切れる場合があるようですので、皆様も注意して下さいね。

グッズは結構並んでいたんですが、20分ぐらいで購入出来ました。時間により混雑具合が違うようですので、空いた頃を見計らってグッズショップに行ってみてくださいね。パンフレット最高です。

★現在、限定オリジナルグッズの売り切れが発生してるそうで、会期終了後、WEB販売をご用意させていただきます。とのことです。詳しくはこちら

上記公式サイトのWEB通販の説明に「スライムタワーかき氷スタンド以外のすべてのアイテム」との記載がありますので、やっぱり、会場でのかき氷の売り切れ注意ですよ笑!

さあ、開演だ!

最初の公式PVを見て頂いても、どんな内容かいまいち分からないと思うんですが、ぶっちゃけ、めちゃくちゃ面白かったです。

正直、泣きました。

サーカスといったらいいのか、演劇と言ったらいいのか、舞台というか、ライブというか。

自分が勇者になるというコンセプトのもと、ドラゴンクエストIIIの物語をモデルに、登場人物が旅をする過程を体験するのですが、臨場感もハンパないし、演者さんが飛んだり回ったり、声もマイクでよく聞こえるし、音楽も素敵だし、とにかく是非一度体験して頂きたいな、と思いました。

あと、S席だったからかも知れませんが、演者さんが客席まで何回か来てくださって間近で見ることができたし、端っこの席の方は演者さんとハイタッチできたりするかもだし、そんなところも魅力の一つかも知れません。

舞台で起こっている物語に参加して、お芝居を見るのですが、なんというか、お芝居というか、はっきりいって冒険者なんですよ。冒険者。自分も最近そのキーワードが頭から離れなかったのもあってか、とにかく、そこが凄く感銘を受けたところで。

何回も感動したし、何回も笑ったし、何回も泣きそうになりました。いや、むしろ泣いてた。。

演者さんやスタッフさんの頑張りが直に伝わってきて、この世界に生まれた、たった一つ作品として完成されている舞台だと感じました。

ドラゴンクエストの物語としてももちろん楽しいし、それをそのまま自分の物語として感じることも出来る、懐の広い演出になっています。

生きることは冒険そのものだし、演者さんもスタッフさんも、もちろんそれを見ている僕たちも、毎日が新しい冒険の真っ只中で、今を必死に生きていて、そんな淡々とした日々の想いの一つ一つが、例えば絶対にあきらめないだとか、絶対に生きて帰るだとか、そういうものと繋がってると僕は思ってるんです。

剣を振れなくても、魔法を使えなくても、武術をこなせなくても、モンスターと対峙しなくても、僕たちは戦ってる。

勇者とは、そんな日々を毎日を淡々と過ごしている人たちのためにある言葉だと思うし、それが、この『ドラゴンクエスト ライブスペクタクルツアー』にも随所に表現されていた気がするんです。

だからこそ、ドラゴンクエストでは最初に自分の名前を入力するんですよね。

その意味が、はっきりとこの『ドラゴンクエスト ライブスペクタクルツアー』を見て、自分自身、分かった気がしました。

ほんと、明日も頑張ろう、って素直に思える、最高に素敵な舞台だと僕は思います。

最後に

演者の皆様、スタッフの皆様、本当に素敵な舞台をありがとうございます。

長丁場ですが、無理なさらぬよう、千秋楽まで新しい物語を生み出し続けて下さい。

『ドラゴンクエスト ライブスペクタクルツアー』は、ドラゴンクエスト自体を知らなくても、全然楽しめると思います。

なぜなら、自分達のことを物語にして下さったんだと感じられたから。

現在、当日券もあるようですので、気になってる方は、是非。

本当に、オススメの舞台です。

●     ●     ●

おさらい


【注】本記事の内容に、変更や間違っていることがあるかもしれませんので、行こうと思われた方は、必ず下記公式サイトなどを確認して下さいね!

●ドラゴンクエスト ライブスペクタクルツアー公式サイトはこちら。
http://dragonquestlive.jp/

●ドラゴンクエスト ライブスペクタクルツアー公式ツイッターはこちら。
https://twitter.com/DQ_LST

●ドラゴンクエスト ライブスペクタクルツアー公式フェイスブックはこちら。
https://www.facebook.com/dragonquestlive/

★ドラゴンクエストミュージアムの感想も書いています。
ドラゴンクエストミュージアムに行ってきたよ!
201607308177

ロンドン・フィルハーモニー管弦楽団による 交響組曲「ドラゴンクエスト」I~VII すぎやまこういち(数量限定盤)
ロンドン・フィルハーモニー管弦楽団による 交響組曲「ドラゴンクエスト」I~VII すぎやまこういち(数量限定盤)

コメントをどうぞ

「お名前(ペンネーム)」と「コメント」のみで送信いただけます。メールアドレスなどは必要ありません。
内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。
承認後表示されます。承認されず削除されることもあるので予めご了承下さい。