森恵さんのライブに行ってきたよ!〜12/2/11赤坂BLITZ、11/8/30ラゾーナ川崎〜

スポンサーリンク

2012年2月11日(土曜日)「MY COUNTRY ROAD 2012」と題し、赤坂BLITZ行われた、森恵さんのワンマンライブに行ってきました!

温かくて、素敵なライブでした。

続きに簡単ですが感想とレポートレビューなどを。

※2011年8月30日に行ったラゾーナ川崎のフリーライブの記事に今回の赤坂BLITZライブ記事を追加しました!今後もライブに行った際など、記事を追加していきますのでお楽しみに!

スポンサーリンク

1.森恵(もりめぐみ)さんについて

 
●森恵さんホームページ http://www.avexnet.or.jp/morimegumi/

●森恵さんtwitter @megumimori

広島県出身のシンガソングライター。

 
 
斉藤和義さん「歌うたいのバラッド」のカバー

 
圧倒的。

僕が森恵さんの存在を知ったのは、2年ほど前に偶然Youtubeで見た路上ライブ映像です。

Youtubeにたくさんオリジナル曲やカバー曲を歌われている路上ライブの様子がアップされており、その日に、寝るのも忘れてすべての映像を見てしまいました。
なんか止まらなかったんです。鳥肌が。

 
なんかやばい。これは絶対、ライブを見とかないと駄目だ!と思い、ラゾーナ川崎で行われたライブに参加、そして今回、赤坂BLITZのライブにも参加してきました!

 
 
森さんは、昨年の2010年7月7日cutting edgeより「キミ」でメジャーデビュー 。

セカンドシングル「笑顔でいられるように」発表。


 
 
そして、2012年1月18日、mini ALUBUM『世界』発表。
素敵なアルバムです。
簡単ですが、「世界」の感想を。
 

mini ALUBUM『世界』
収録曲
1.赤い花が咲くころ
2.世界
3.悲しみの傘
4.夢の中の夢
5.心の河
6.遠い記憶

 
世界PV


http://www.youtube.com/watch?v=BAnieoTxSBA

 
松井五郎さんと歌詞を共作されている今回のアルバム、全体を通してアコースティックな音で僕の好きな雰囲気です。
強いて1曲挙げるなら「悲しみの傘」が好きです。

上に貼りましたが、表題曲「世界」はPVでも公開されているのですが、何故か2番から始まっており、個人的には是非、曲の最初から聞いていただきたいです。

最初からちゃんと聞くと、全く印象が違います。
全曲に言えることですが、曲ごとの森さんの最初の第一声を聞いていただきたい。 
そして出来れば、全編を通してフルで聞いて欲しいアルバムです。

ジャケット写真もすごくいい。
アルバム全体を聞く前は、その世界の事を歌っているのかと思いましたが、聞いてるうちに、だんだんとその世界に森さんがいる、ということなんじゃないか、と感じました。
その世界から森さん自身が搾り出しているのでしょう、その声がこちら側に届いてくる感じがすごくいいな、と思いました。

その世界は、過去なのか、それとも今なのでしょうか。

曲数は6曲。
少し少ないなと、何だか心残りのようなものを感じるこの世界の先にあるものは、やはり未来なのでしょうか、6曲目「遠い記憶」の先に何かが続いているように強く感じました。

次に繋がるであろうこのミニアルバムの感じ、世界観といえばいいのでしょうか、僕は好きです。
もっともっと深くてもいいと思うほどです。

今回のライブで新曲を演奏されていたのですが、とてもいい感じでした。
次回作は新しい世界を魅せてくれるのでしょう。とてもとても楽しみです。

今回のミニアルバム、落ち着いた雰囲気のシンプルな音が好きな方は結構好みなんじゃないかと思います。

とても素敵なアルバムです。

 
 

世界

世界 (1,200円)
(2013.11.11時点)
posted with ポチレバ

 
 
●ファーストフルアルバム

 
 
●カバーアルバム 2013年4月24日発売

 
 
 

ライブについて

早速、赤坂駅に降り立ちました。
少し時間があったので、周りを探索。

 
赤坂BLITZは駅からも近く、赤坂サカスやTBSのお隣りの非常にアクセスのいいライブハウスです。

 
おっきなツリーが飾られていました。

 
今回の赤坂BLITZでのワンマンライブ、チケットはソールドアウト。

すでに、結構の人が並んでおり、入場が始まって僕も最後の方に入場。

チケットを切ってもらって、500円のドリンク代を払って入場すると、すぐ横でグッズを売っていました。
ここも結構人が並んでおり、帰りに買おうと思い、そのままドリンクバーへ。
途中には、エイベックスや、松井五郎さんなどから届いていた沢山の花も。

そしてライブハウス会場内に入る。
僕は2階席だったので、周りを見渡すことができました。

 
ステージには、ドラム、ベース、ウッドベースも見える。
キーボード群、エレキギター、そして中央に森さんのGUILD D55 CT。

アコースティックギターは、GUILD D55 CTと多分、マーチンを使われてたと思います。
そういや、フェンダーのブログでも紹介されていましたよね!
http://www.fender.jp/blog/artist/001029.php
USTREAMライブでギターは、GUILDとコリングス、マーチンを使ってるとおっしゃってた。
他に、お祖父様のYAMAHAのギターがあって、それがいい感じで出来れば使いたいっておっしゃってた気がする。
USTREAMライブは、twitterで告知があった、日曜日の22:00〜です気になる方は是非!

 
いつも、ライブ会場に入ってから始まるまでのこの感じが、もう、なんともいえない。
僕は、ワクワクしていました。

 
照明が消える。
そして、ライブが始まった。

最初の曲はなんとインスト。
ゆったりとした感じから始まり、森さんが登場。

次第にグルーブを増し、音が揃ってくる。

バンドメンバーは、ギター:町田昌弘さん、ベース:海老沼崇史さん、ドラム:宮川剛さん、ピアノ:大坂孝之介さん

バンドメンバーとの相性がすごくいいのだろう、めちゃくちゃかっこいい。
森さんのアコースティックギターをたきつけ音を煽る場面がとても印象的。

そしてそのまま、「傷」という曲へ。

とにかく、赤坂BLITZの音が気持ちいい。

僕は初めて赤坂BLITZでライブを見たのですが、とにかくいい音。
お客さんもカクテルやビールを飲みながら見たりしていて、とてもアットホームでいい雰囲気。
一発で気に入りました。

これは、森さんの人柄がそうさせている部分が大きいと思いました。
お客さまがみなさん温かい。

これは良いライブになりそうだ、と感じていました。

 
それから「眠れぬ夜」や「体温」「彼方」も歌ってくださった。
インディーズ時代の曲も結構歌ってくださった。

このあたりの中盤のつなぎがすごく良くて、好きな雰囲気でした。

MCも丁寧でキュート。

新曲「涙のプール」もいい感じだった。
あとから、今のは新曲でした、とおっしゃるまで新しい曲とは思えないほど合っていた。
次回作も期待。

僕の大好きな「悲しみの傘」も弾き語りで歌ってくださった。
やっぱりいい曲だ。

 
CD音源とライブは全く別物。
ライブの音ってなんであんなにいいんだろう。
CDはCDでもちろんいいのですが、ライブでの歌声ががビリビリ来る。

あと、ライブで聞いて改めて思ったのですが、「鍵」のような速い感じの曲がすごくいい。
もっともっとこういう曲があってもいいと思いました。
すごくいい感じだった。本当に。

曲順はYahooニュースにも載っていますね。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120216-00000070-bark-musi

当日、カメラが入っていたんですけど、やはり記録用なんでしょうか。
映像化してくれたら最高なんですけど。どうなんでしょうか。
全曲は難しいかも知れませんが、いいテイクがあれば、是非、CDの特典とかで付けて欲しいと思います!

 
そして、最後の曲「世界」。
いろんな感情が溢れ出してしまったのだろう、森さんは涙してしまい歌えなくなる。

止む無く演奏を止める。

その後、ダブルアンコールの弾き語りが終わるまで、森さんはずっと音楽の神様にそっと肩を触れられていた。

 

前半は確かめるように歌ってらしたのか、少々固いように思える時もあった。
上手く言えないが、その日、言い表せないような様々な感情が赤坂ブリッツを支配していたと思う。

最後の曲、涙してしまった後の森さんは、さらに声の伸びがすごかった。
本当に本当に感動した。

マイクを通した声と一緒に、生声が2階まで届いてきていた。
実際、僕には聞こえた。
 
拍手が鳴り止まなかった。
最後の曲が終わると森さんは丁寧にお辞儀をした後、少し笑って、ステージを後にした。

 
 
ライブが終わって、ドリンクバーでオレンジジュースを飲みながらアンケートを書いて、グッズを手にし、外に出た。

大満足だった。
多分、ライブを見た全員がそう思ったと思う。

本当に素敵なライブだった。
 
 
 

お土産を少々

 
トートバッグです。1000円。
ぺったんこじゃなくて、底が広がるので量入ります。買い物とかちょっとした時に普通に使ってます。

 
[BE WITH A SMILE] ピックストラップです。800円。

 
今回のライブ「MY COUNTRY ROAD 2012」を記念したTシャツ。2500円。
これはアンコールで皆さん着ていらっしゃいましたね。
この色はディープピンクです。あと、インディゴブルーもある。
あと会場にブラックもあったんじゃないかなあ。ブラックは売り切れてたと思う。

なんか、こういうときピンクを手にしてしまうんです。なんだろ、パッションかな。パッション。

 
 
●で、いくつかは森さんのオンラインストアで購入できるそうですよ!気になる方は是非!

http://www.megumimori-onlinestore.com/
 
 
 

ツアーのお知らせが!


新たにツアーの発表がありました!初のホールライブとのことですよ!
赤坂BLITZ公演終了後にこの春ツアーの東京公演の特別先行販売が、外で行なわれていたんですが、すでに200人ぐらい並んでて、みなさん考えることは一緒だ、と思いました。

 
 
 

最後に

本当に、いいライブだった。
 
僕はミニアルバム「世界」で魅せてくれた深い世界も好きです。
インディーズ版の「続いて行く日々」のそばに寄り添ってくれるような曲達も大好きです。

だからこそ、それらに加えていままで無かったような、もっとポップさを意識したような、キャッチーさを含んだような世界も聞いて見たいと思いました。
上手く言えませんが、音がはじけ飛ぶような、声がはじけ飛ぶようなそんな新しい世界、飛び道具を身に付けた森さんも見てみたいと、個人的に強く思いました。

 
森恵さん、関係者のみなさま、素敵なライブをありがとうございました。

突き刺さる歌声。
本当に素敵でした。

また必ずライブに行かせていただきます。

 

眞鍋 弘嗣

 
 
 

おさらい

●エイベックスの公式ホームページ
http://www.avexnet.or.jp/morimegumi/

●公式ホームページ
http://www.multiformatstudio.jp/megumi/index.html

●ご本人Twitter @megumimori

●公式ブログ http://19741974.webspace.ne.jp/diary/

●森恵さん amazon リンク

 
 
 
●LIVE情報 http://www.multiformatstudio.jp/megumi/tour.html

●現在、twitterで告知があった日曜日の22:00〜Ustreamで生放送ライブを行われているそうです!
http://www.ustream.tv/channel/megurock1
Ustreamでも歌もギターもめちゃくちゃ鳴ってる!

●僕はインディーズ盤のアルバム「続いて行く日々」も大好きです。

現在は、森さんのオンラインストア(http://www.megumimori-onlinestore.com/)か、ライブ会場等でしか購入できないようですが、本当にいいアルバムです。
今回の赤坂BLITZでのライブでも非常に素敵だった「体温」「彼方」「鍵」といった曲も収録されており、森さんのやさしい一面やポップな一面も聞く事が出来る幅広いアルバムです。
初期の名盤です。是非。

 
 

あとがき

●ほんと、最高でしたよ!僕は、やっぱり泣いてしまいました。。笑

●森さん、声がすごいんですよね。すごい。突き刺さる声なんですよ、直接、魂をを揺さぶられるというか。

●Youtubeの音なんかでもやばい感じがすごく伝わってくるので、録音状態の違いでは無いと思いますが、良い悪いじゃなく、CDパッケージ音源との感じ方の違いがやっぱりあるというか、なんなんでしょうね。これ僕だけなのかな。パッケージ音源の限界なんでしょうか。それとももっと、空気を通したときの震動とか、そういう僕にはよく分からないことが原因なのかな。

●だから、Youtubeなどで気になった方、そして特にCD音源で気になった方、絶対ライブを見に行っていただきたい。これは声を大にして言いたい。

●で、ライブから帰ってきて、改めてCDを聞くと、めっちゃ落ち着いて聞けます。もしかしてそれが狙いなのかも、そういう音作りなのかもですね。

●それから前にも書きましたが、歌やギターの圧倒的な感じももちろんなんですが、それよりもやっぱり僕は、声や佇まいを含んだ森さんの雰囲気がすごくいいな、と思いました。

●とにかく、ある一つのベクトルの頂点に手が届く人だと感じました。

●上にも書きましたが、赤坂BLITZの音がすごく良くて、それも良かった。バンドの音も素晴らしかった。

●アコースティックギターをチューニングしてる生音が2階席まで聞こえてくるんです。それがいい。ちょどいい大きさの箱ですね。

●ずっと座ってると少々痛くなってくるので、次回赤坂BLITZに行く機会があれば、座布団持参で行こうかと笑

●これ、前も書いたんですけど、今回もライブ見ながら、大学とかの学園祭とかで歌ってくれたら最高なのになーって思いましたよ。

 
●ここから下は、2011年8月30日に行ったラゾーナ川崎でのフリーライブの体験レポートです!森恵さんは今も沢山フリーライブや都内、新宿などで路上ライブを行われているので、気になった方は是非、足を運んで頂きたいと思います!
 
 
 

※記事が長いので分割しています!下の『ページ: 1 2』の2、スマートフォンの方はオススメ記事の下の『Article Pages:page1 page2』のpage2をクリックしてね!


次の日コンビニで受け取れるの最強だから
楽天の方はこっち!
感想
スポンサーリンク
まなべやをフォローする
スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
まなべやブログ

コメント

  1. […] にいってきました。圧倒的な歌。鳴りまくってるギター。素晴らしかったです。簡単ですが感想やらなんやらブログに書きましたよう → http://manabeya.com/?p=3277 http://t.co/eWxCKDr posted at 16:11:55 […]

  2. 泣いて和食を斬る より:

    素晴らしいレポートありがとうございます。自分も赤坂BLITZの二階最後尾席から見ていたのですが、レポートを読んでいるうちに当日のことを色々思い出して改めて感動しています。本当にありがとうございました。

    • まなべひろつぐ より:

      泣いて和食を斬るさん、ブログを読んでくださってありがとうございます。
      なんと、赤坂BLITZに居らっしゃったんですか!
      本当に素敵なライブでしたよね。
      僕も二階席だったのですが、とてもとても感動的なライブでした。
      忘れないでおこうと思い、ライブレポート書いていると、僕もいろいろ当日のことを思い出しして改めて感動してしまいました。。
      想いも共有出来てとてもうれしいです。
      コメントありがとうございました!

  3. TOMO より:

    はじめまして。
    3か月ほど前にカラオケバトルの動画経由で森恵さんを知って以来、すっかりマイブームになっている者です。
    まなべや様のブログも「森恵」検索で見つけました。
    なので随分と過去の記事へのコメントになってしまい申し訳ありません。

    森恵さん、本当に「イイ」と思います。
    最初はやはりその上手さに圧倒されたんですが、聴くうちにその歌声や演奏の中に、うまく表現できないのですが、なにかこう「聴くと嬉しい音」があると思うようになりました。
    本能的に欲しくなる歌い方というか…(やっぱりうまく言えません)
    カバーソングではごく自然なアレンジをされているように感じます。
    個人的にはむしろオリジナルよりも‘実はスタンダード’な表現というか、本来あるべき音を奏でているように感じる時があります。

    ついでに言うと、どうやら知るのが10年ほど遅かったのだなあ…ということも感じております。

    個人的に仕事のスケジュール上、森恵さんのライブに行くことはできません。
    生音の感動や、会話できたらどんな感じだろう…といった部分を勝手に想像しながら動画を視聴するしかないのが少々残念な現状です。
    今回拝見したまなべや様の記事の中で、自分が思い描いた「きっとこんな感じ」な森恵さんがビックリするくらい想像通りな様子で生き生きとライブしていました。

    ある時代のある場所で、そんな森恵さんが確かに存在していたのだなあ…というのがなにかとても嬉しく感じられたので自分勝手なコメントをさせていただきました。
    どうもありがとうございます。

    • TOMOさん、コメントありがとうございます。

      森恵さん、とっても素敵ですよね。
      「イイ」という言葉が似合う人だと僕も思います。

      そうですね、歌のうまさもそうですが、それとは違う何かがあるというのは本当にそう思います。

      知るのが遅くても、全然問題ないと思いますよ!
      自分もなかなかライブなどに行けていませんが、これからチャンスもあると思いますし、TOMOさんも機会があれば、ですね。

      こちらこそ、ブログ読んでくださってありがとうございます!