スポンサーリンク

ミラクルエッシャー展に行ってきたよ!

スポンサーリンク

ミラクルエッシャー展

あべのハルカス美術館で開催されている「ミラクルエッシャー展」に行ってきました!

面白い絵がたくさんありましたよ!

 

混雑状況や待ち時間、グッズ、チケットのことなども含め、簡単ですが、感想レポートレビューなど書いてみました。

参考になれば!

 

まなべや
まなべや

ミラクルエッシャーさん、だまし絵みたいな感じので超有名なんだけど、それとは全然別の面もみられて興味深かったね

うさぎ
うさぎ

むしろ、そっちが主という感じもしたね

あと、ミラクルエッシャーさんじゃなくて、本名は、Maurits Cornelis Escher(マウリッツ・コルネリス・エッシャー)さんだよ笑

まなべや
まなべや

え!

そうなの!?笑

 

 

スポンサーリンク

開催概要

ミラクルエッシャー展

 

■名称:生誕120年 イスラエル博物館所蔵 『ミラクル エッシャー展』

■期間:2018年11月16日(金)~2019年1月14日(月・祝)

■休館日:11月19日(月)、26日(月)、12月31日(月)、1月1日(火・祝)

■時間:火~金/10時-20時、月土日祝/10時-18時 ※入館は閉館30分前まで

■会場:あべのハルカス美術館

公式サイト:http://www.escher.jp/
公式ツイッター:https://twitter.com/escher_ten
公式Facebook:https://www.facebook.com/escherten/

 

巡回

■福岡展:福岡アジア美術館 2019年2月28日(木)~3月30日(土)
■愛媛展:愛媛県美術館(松山市堀之内) 2019年4月12日(金)~6月16日(日)

 

 

チケット

ミラクルエッシャー展 チケット

■入場料
一般当日1,500円 前売り1,300円
大学生・高校生当日1,000円 前売り800円
中学生・小学生当日500円 前売り300円

 

あべのハルカスには、ハルカス300という展望台があるのですが、その展望台料金とミラクルエッシャー展を一緒に買うと、3,000円が2,650円になるサービスがあるようですよ!

16Fのチケットカウンターで買えるそうです!

 

 

音声ガイド

音声ガイドはバカリズムさん。

ミラクル エッシャー展 公式ホームページ | 見どころやチケット情報など
ようこそ超現実美術館へ―大規模な回顧展を行うことが決定!イスラエル博物館が所蔵する貴重なコレクションはすべて日本初公開!

自分も音声ガイドを借りましたが、いろいろ聞けて良いですね。

展覧会公式イメージソングのサカナクションさん『バッハの旋律を夜に聴いたせいです。』も聞くことができます。

 

 

混雑状況・待ち時間

混雑具合ですが、自分が行った日曜日の11時ぐらいに関しては、中の中ぐらいの混雑でした。

電車でいうと、通勤ラッシュほどではありませんが、普通に混雑していると感じるぐらいです。

 

ただ、私は現地でチケットを購入しましたが、チケット購入と、入場の待ち時間はなかったです。

待ち時間0分です。

 

会場内、各部屋ともにみなさん並んで絵を見ていく感じです。

後ろからなら、どこでも見ることができますので、自由度は高い展覧会だと思います。

 

 

所要時間

時間的なことですが、全部をゆっくりまわって、1時間〜1時間半ぐらいでしょうか。

みなさん並んで見ているので、それに続いて並んで見ていくとなると、少し時間がかかるかも知れません。

お急ぎの方は、飛ばし飛ばし後ろから見て気になったものを間近で見る、といった見方もできます。

 

 

感想

クリスマスツリー

会場は、天王寺の『あべのハルカス』16Fの美術館です。

クリスマスツリーを横目に、16Fまであがります。

あべのハルカス

横からシャトルエレベーターがあるのでそれに乗ると早いです。

あべのハルカスエレベーター

16Fにもクリスマスツリーです。

あべのハルカスのキャラクターは『あべのべあ』さんだそうです。

「空もよう」のくまさん、とのこと。

あべのべあ クリスマスツリー

チケットを買って、会場内に入ります。

音声ガイドも借りました。

写真撮影は全面禁止ですが、最後に少しだけOKの場所があります。

エッシャーさんの絵の自分の認識は、あのずっと上がってる階段の絵とか、滝が落ち続ける絵とか、有名なものだけでした。

 

もちろん、誰もが見たことがある、そういう”だまし絵”ぽいものもあったんですけど、自分はそれよりも風景画や幾何学模様的なもの、画が変化していくものなどの方に興味が惹かれていました。

全部版画とのことで、その柔らかい雰囲気もすごく好きでした。

 

>

 

「科学」、「聖書」、「風景」、「人物」、「広告」、「技法」、「反射」、「錯視」と、8つの観点に分かれている展示方法もわかりやすかったです。

 

自分が気に入ったのは、『蝶』、『騎手』、『星』、『楽園』、『バベルの塔』、『チミノのヴィトルキアーノにて』、『ローマ、ボルゲーゼの聖獣』、『カストロヴァルヴァ、アブルッツィ地方』、『海の微光』、『ボジターノの古い家』、『アマルフィ海岸』、『波』などでしょうか。

 

『夕暮れ(ローマ)』という2枚の小さい絵があったのですが、それも好きでした。

自分も絵を描きたいな、と思わせてくれる、とても可愛い絵でした。

 

今の広告や挿絵、デザインにも通づるものがある気がしました。

風景画もとても良かったので、技術的にも多様で、かつ、エンターテインメント性にも優れた才能を持った人だったのかなと、とても関心させられました。

 

まなべや
まなべや

奇抜じゃ無く、落ち着いた絵もいっぱいあったね。

自分はむしろそっちが好みだった

うさぎ
うさぎ

確かに

あの柔らかい感じを想像してなかったもんね

 

 

ミラクル デジタル フュージョン

会場の最後に、自分がエッシャーさんの絵の中に入れる体験型コンテンツがあります。

最先端デジタル合成技術を駆使した撮影を行い、体験者を本展メインビジュアルの《相対性》の中に”動画で”合成します。エッシャーの不思議な世界を体験しよう!とのことで、ここは25分待ちでした。

ミラクルエッシャー展

 

 

グッズ

最後にグッズ売り場があります。

グッズ売り場は混雑しておらず、レジの待ち時間は無く、0分でした。

 

 

最後に

ミラクルエッシャー展

ミラクルエッシャー展

 

強烈な個性と、豊かな雰囲気を感じる展覧会でした。

人の普段とは違う部分を垣間見れた気がして、楽しかったです!

 
気になっておられる方は、ぜひ。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!
 

コメント