【ネタバレ注意】「進撃の巨人展」の感想。

 

公開日:2014年12月7日

 

Twitter
facebook
line
hatebu

進撃の巨人展

上野の森美術館で開催されている「進撃の巨人展」に行ってきました!

めっちゃ楽しかった!

続きに簡単ですが、感想などなど。
ネタバレしていますので、注意してくださいね!

●2015年夏、諫山創先生の出身地大分での「進撃の巨人展 WALL OITA」開催、2015年秋には、大阪での「進撃の巨人展 WALL OSAKA」の開催が決定したようです!

●進撃の巨人展 WALL OITA
2015年8月1日(土)~8月30日(日)
大分県立美術館 OPAM 1階展示室A
http://www.tostv.jp/kyojinten/

●進撃の巨人展 WALL OSAKA
2015年9月11日(金)~2015年10月18日(日)
グランフロント大阪 北館 ナレッジキャピタル イベントラボ
http://www.mbs.jp/kyojinten_osaka/

 

スポンサードリンク

 

●     ●     ●

●     ●     ●

●     ●     ●

進撃の巨人展




●     ●     ●

進撃の巨人展

いきなり、2メートル級の奇行種がいた!笑

進撃の巨人展
進撃の巨人展
進撃の巨人展

進撃の巨人展、実際には、2つ見る所があり、別会計です。

一つは、進撃の巨人展。上記写真の左側。上野の森美術館でやってるものになります。

自分が行ったのは平日金曜日の昼12時の回です。館内に入るのに待った時間は30分〜40分。展示などを観るのに全部で館内に、2時間ぐらいいたと思います。

一般当日2000円。ローソンチケット前売り1900円。音声ガイドは800円です。

ローソンチケットの前売りは、時間指定になっていますので、注意して下さい。

自分は空き時間ができた時にいきなり行ったので、当日券です。でも当日券は売り切れる可能性があるので、前売りチケットが無難。

ちなみに、音声ガイドは絶対あったほうが楽しいと思います。音声ガイドは当日でも買えますが、音声ガイド付きの前売りチケットがあるので、行く日が決まっている方は、そちらを買うのがいいかも知れません。音声ガイド付き前売り券は、ローソンチケットで一般2700円です。(音声ガイド付き前売りチケットには、なんと兵長が印刷されているようなのですが、自分当日券だったので、未確認です。間違ってたらすみません。)

音声ガイドは、番号を押して機械を耳に当てて電話のように聞くのですが、シークレット番号があるので、聞き忘れのないように!

グッズ買う時とか少々待つと思いますので、以外にゆっくり聞くことが出来ると思います。ドラマCDのような感じでめっちゃ楽しいです。

当日券を買うのは全然並ばなかったんですけど、展内に入るのに、上記の通り多分30分〜40分ぐらい並んだと思います。12時の回の方はこちらに並んでくださいという係の方がいらっしゃるので、そこの最後列に並びます。

これ、ちゃんともう一回書いとくと、当日券だったから並んだんじゃなくて、当日券でも、ローソンチケットで時間指定のチケット持ってても、会場に入るために一旦、全員並びます。会場内の混乱や危険を避けるためだと思われます。

平日でそれぐらいなので、週末だともっと時間並ばないといけないかもしれません。館内にもトイレありますが、並ぶ前、上野駅とかでトイレに行っておいたほうがいいと思います。あと待ってる時、予想以上にめちゃくちゃ寒いので、防寒着を忘れないように。暖かくしてくださいね。

来年の元旦から、一部展示品が入れ替えになるそうです!グッズなどの入荷状況をみて、また来年行くのもありかもですね。

●     ●     ●

進撃の巨人展

もう一つは、360°体感シアター哮(こう)です。上上記写真の右側。こちらも上野の森美術館のすぐとなりでやっています。

600円。時間が決まってるわけではなく、当日、その場で券を買ってそのまま並ぶ感じです。並んだ時間は、こちらも30分〜40分。多分、映像自体は説明入れて10分ぐらいだったでしょうか。

巨人展は入場出来る時間が決まっている(12時の回の人は、12:00〜13:30まで)ので、そちらを先に見てから、360°を見るのが無難かもしれませんが、360°の方が空いていたら先に見てしまってもいいかも知れません。360°のチケットの購入には、進撃の巨人展の入場チケット(前売り、当日いずれも可)、またはその半券が必要。13才未満の方は体験頂けないなど注意点がいくつかあります。注意事項など詳しくは、進撃の巨人展のFacebookページへ。

https://www.facebook.com/kyojinten/posts/837676402950618

この360°体感シアターは、週間アスキーPLUSさんのこの記事が詳しいです。

巨人のデカさがヤバすぎる! 『進撃の巨人展』でOculus Riftをかぶってきた – 週アスPLUS

ミカサ、ほんまにいい声

これは、Oculus Rift(オキュラスリフト)とよばれるもので、バーチャルリアリティと呼ばれる仮想世界に入ったような映像が楽しめる、ヘッドマウントディスプレイ(頭に付ける映像装置)という機械の一種です。

操作は簡単で、単純にゴーグルをかぶって、ヘッドフォンを付けて映像をみるだけでOKなのですが、右に向くと右にいる人が見えて、左を見ると左にいる人が見えます。上も空が見えて、下を見ると地面が見えます。ただそこは、進撃の巨人の世界の中なのです!

ミカサに見惚(みと)れてしまうと思いますが、上下左右も見てみたらすごく楽しいかもです。

実際に体験しないと分かりにくいかも知れませんが、進撃の巨人のアニメーション世界に入り込んだような気持ちになります。

ぶっちゃけ、めちゃくちゃ面白かったです。600円の価値あります。人により、少し酔ってしまうかもしれませんが(実際自分も少し酔った)、是非体験していただきたい。

俺、立体起動装置付けて飛んでる!ってなります。普通に、「わっ!!!」とか声でちゃったもん笑。おっさんなのに笑。おっさんなのに

あと、自分、普段からメガネ付けてて、視力も0.1以下(視力検査の一番上のやつがぼやけて見えないぐらい!涙)なんです。説明では、出来ればメガネ外して下さいって言われたんですが、裸眼で付けてみたところ、ぼやけて見えなかったので(自分もそうなんですが、乱視の方も見えづらいようです)、結局、メガネしたままゴーグル付けさせてもらいました。手をあげたらすぐに来てくださって一緒に装着して下さいました。係の方が丁寧に説明してくださるので大丈夫だと思います。裸眼かどうかを決めるぐらいの時間はあるし、装着自体は全然難しくないので、眼鏡の方も安心だと思います。

が、ただ、眼鏡の形状によっては壊れてしまったり、大きいメガネは構造上付けられないようですので、コンタクトのあるかたはこの時だけでも、コンタクトで行かれたほうが安心かも知れませんね。

●     ●     ●

その世界で

ミカサに話しかけられた

今日まで生きて来て良かった

ありがとう技術革新してくださってるすべての皆さん

●     ●     ●

館内、動画撮影と音声録音はすべての場所でNG。写真撮影のみ、一部を覗いてほぼOKです。写真撮りまくってきたので、雰囲気だけでも。
その力強さ、是非、現場で体験していただきたい。

進撃の巨人展

進撃の巨人展

進撃の巨人展

進撃の巨人展

進撃の巨人展

進撃の巨人展

進撃の巨人展

進撃の巨人展

進撃の巨人展

進撃の巨人展

進撃の巨人展

進撃の巨人展

進撃の巨人展

進撃の巨人展

進撃の巨人展

進撃の巨人展

進撃の巨人展

進撃の巨人展

進撃の巨人展

進撃の巨人展

進撃の巨人展

進撃の巨人展

●     ●     ●

進撃の巨人展

お土産も、いくつか買ってきました。上記に加えて、図録も。図録は後日発送してくださるそうです。グッズ、結構売り切れてたと思います。原作版のスポーツタオル、めっちゃカッコ良かったんだけど売り切れだった。早く、補充されるといいな。

<追記>
図録届きました!
201508152702
201508152697

諫山創先生はこの図録の中で、こういうシーンが描きたかったからそういうデザインにした、と言うような事をよくおっしゃってて、この本に載ってた、宮崎駿監督の「なぜ<腐海>に毒ガスがたちこめている設定にしたのかは、よく覚えていないんです。たぶん毒ガスマスクが描きたかったからなんじゃないかなって気がするんですけど…」っていう言葉を思い出していました。

図録も楽しい!オススメです!

●     ●     ●

進撃の巨人展、進撃の巨人が好きな方なら、本当にオススメです。

自分、一人で行ったんですが、一人でも全然楽しいです。もちろん、友達とかカップルとか家族とかと一緒でも全然楽しいと思います。

原画とかももちろんなんですが、360°映像のやつと、あと、諫山創先生の昔の絵とかのコーナーがすごく好きでした。

ただ一点、平日は空いている時も結構あるようですが、週末や祝日は、外も中も、混雑しているのは覚悟されたほうがいいと思います。でも覚悟して対策していけば大丈夫。防寒着と暇つぶしグッズをお忘れなく。暖かくして下さいね。

絵も力強く、物語も面白く、登場人物たちも愛嬌があってカッコ良く、進撃の巨人展、最高に楽しめました。

安心して楽しめるように、色々、すごく考えてくださったんだと思います。

全国巡回とか、是非、お願いしたいところです。

諫山創先生、関係者のみなさま、素晴らしい展覧会というか体験会、ありがとうございます!

めちゃくちゃ楽しかったです。

みなさまも、是非。

※この記事は、あくまで参考情報として見てくださいね。変更や間違い等あるかもしれませんので、行こうと思われた方は必ず公式サイトなどで、色々確認して下さいね!

●進撃の巨人展の公式Twitter
https://twitter.com/kyojinten

●進撃の巨人展の公式サイト
http://www.kyojinten.jp/

●進撃の巨人展の公式Facebook
https://www.facebook.com/kyojinten

●ローソンチケット進撃の巨人展
http://l-tike.com/event/kyojinten/

●2015年夏、諫山創先生の出身地大分での「進撃の巨人展 WALL OITA」開催、2015年秋には、大阪での「進撃の巨人展 WALL OSAKA」の開催が決定したようです!

http://www.fashion-press.net/news/10550

【ネタバレ注意】「進撃の巨人展」の感想。」への3件のフィードバック

  1. ミカサ大好き

    今度の月曜日に進撃の巨人展いきますスゴく楽しみです。速くミカサに会いたいです

    返信
    1. まなべひろつぐ 投稿作成者

      ミカサ大好きさん、「進撃の巨人展」楽しんできてくださいね!
      360°でミカサに会えますよ!

      返信
  2. へいちょぉぉぉぉぉ!!!!!

    兵長まじかっこいいっっっっ!!!!!!!
    進撃の巨人展行きたかったー

    返信

コメントをどうぞ

「お名前(ペンネーム)」と「コメント」のみで送信いただけます。メールアドレスなどは必要ありません。
内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。
承認後表示されます。承認されず削除されることもあるので予めご了承下さい。