「井上直久 絵画展 光の粒、髪のささやき」を見に行ってきたよ!

 

公開日:2014年11月30日

 

Twitter
facebook
line
hatebu

井上直久 絵画展

渋谷にある東急Bunkamura Galleryに井上直久さんの絵画展を見に行ってきました!

すごく美しくて素敵だった。
しかも、無料なんです!

簡単ですが、続きに感想など書いてみました!

 

スポンサードリンク

 

●イバラード / 井上直久の世界
http://iblard.com/

●東急文化村のホームページ
http://www.bunkamura.co.jp/gallery/exhibition/141129inoue.html

●     ●     ●

井上直久絵画展

井上直久さんは、イバラードと称する架空の世界を40年に渡り描かれておられる、画家・アーティスト。

ジブリ作品「耳をすませば」の主人公、雫が書いた小説「バロンがくれた物語」という劇中劇(猫のバロンと空を飛んだりするあれ!)の背景も担当されておられるので、見たことがあるという方も多いのではないでしょうか。


とにかく、すべてが美しくて、素敵でした。

Bunkamura Galleryでの個展は5 回目となる今展。イバラードの中で輝く陽差しや暖かい灯火のもとに、人と心のふれあう情景を描いた新作を中心に、絵画約40点、版画 約20点を展示・販売いたします。
文化村公式サイトから引用

とのことで、イバラードの世界がそこに沢山広がっていました。

自分、「その日」という絵と「アーケード」という絵がとても好きな感じだったので、その場で大判画集購入させていただいたのですが、なんと、井上直久先生が来ておられるということで、さらに、なんと、サインまで頂いてしまいました。少しお話もさせて頂き(生まれ故郷がめちゃくちゃ近くてビックリ!笑)、非常に恐縮しました。。お忙しい所、本当にありがとうございました!

スタッフの方にもすごく丁寧にご対応いただき、この場を借りて御礼を。

星をかった日

イバラードは、ジブリ美術館でのみ公開されている、宮崎駿監督が作られた短編映画『星をかった日』の原作でもあります。

自分、ジブリ美術館で見させて頂いたのですが、主人公ノナ役神木隆之介さんも素敵だし、ファンタジー色も強く、とても僕の好きな感じでした。

何でも、ノナはハウルの少年時代なんだそうです。しかも、ニーニャは荒れ地の魔女なんだとか!言われてみれば、、

「星をかった日」は、BD/DVD化等されておらず、ジブリ美術館のみで定期的に上映されています。

次回の公開日は、公式サイトによると、来年、2015年1月3日(土)~1/31(土)の予定。観に行かれる方は、変更等あるといけませんので、必ず公式サイトで日程等の確認をして下さいね!

http://www.ghibli-museum.jp/welcome/cinema/

井上直久絵画展

期間は、2014/11/29(土)~12/9(火)まで、渋谷にある東急Bunkamuraの1FのGalleryで開催されています。

すごく、気持ちよくて、優しい気持ちになれる絵画展です。

完全無料なので、渋谷に行く予定がある方など、フラっと覗いてみるのもすごくいいと思います。

もちろん、この絵画展にはイバラードの絵が沢山もあるので、今年、この井上直久さんの絵画展を見に行って、来年、ジブリ美術館で星をかった日を観るのもいいかも知れませんね。

「井上直久 絵画展 光の粒、髪のささやき」オススメです。

皆様も、是非。

井上直久さん、スタッフのみなさん、素敵な絵画展をありがとうございました!

●井上直久さんのTwitter
https://twitter.com/iblard_inoue

●イバラード / 井上直久の世界
http://iblard.com/

●渋谷東急BunkamuraGalleryのホームページ
http://www.bunkamura.co.jp/gallery/exhibition/141129inoue.html

●東急文化村の場所

コメントをどうぞ

「お名前(ペンネーム)」と「コメント」のみで送信いただけます。メールアドレスなどは必要ありません。
内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。
承認後表示されます。承認されず削除されることもあるので予めご了承下さい。