睡眠の質を上げる為に実践していること5選

スポンサーリンク

 

●     ●     ●

 

2.睡眠の質を意識する

 

■睡眠の質は、眠り始めの90分で決まる。(文献3
■良質な睡眠をとると、免疫系が強化され、ホルモンバランスが安定し、新陳代謝が促進される。身体のエネルギーが増加し、脳の働きも改善される。睡眠を適切にとらない限り、自らが求める肉体や人生を手にすることはできない。絶対に不可能だ。(文献2

 

睡眠の質も大切で、深く眠る事や、熟睡、安眠できているかどうかも、起きている時のパフォーマンスに響く、との事。

翌日の疲れを取ることや、翌日のパフォーマンスを上げる事ために、睡眠の質を上げる事はどうやら必須事項のようでした。

時間だけじゃなく質も大切である、というのは多くの本に書かれてある事。

じゃあ睡眠の質を上げてスッキリ起きる為にどうすればいいのか、実際に睡眠の質を上げる方法はあるのか、対策はなんなのか、という事なんですが、これがとっても多岐にわたっていますので、目下勉強中です。

今後、実践し効果があったものなど、下記に連番で追記して行きたいと思います。

 

2-1.朝、日光を浴びる為に散歩する

 

■日中に太陽光をたくさん浴びるほうが夜によく眠れると言われても、ピンとこないかもしれない。しかし、科学がそれを証明している。(文献2

 

睡眠の質を上げる為には、日光の効果が欠かせないようです。

ざっくり言うと、太陽光によって睡眠に関するホルモンや神経伝達物質の生成を促し、人間に備わっている24時間(とちょっと)の体内時計を色々と調整するよ、とのことです。

朝、ちゃんと日に浴びれば、夜、ちゃんと眠たくなるよ、とのことで自分も朝時間があれば、散歩をする事にしています。

散歩、最高だよ!

ちなみに、人工の光(蛍光灯など)では弱いらしいので、ちゃんと日光を浴びるほうがいいとのこと。

散歩自体、色々と気持ちの良い事も多く、おまけに夜22時〜23時頃にはちゃんと眠たくなるので、オススメです。

自分的には、考え事の答えが見つかる事が多々あるので、そういう面でもお散歩は結構いいなあ、と感じています。

だから、今度引っ越すなら、大きな公園の近くがいいなあ、と思っています。

 

次のページは、「3.毎日、起きる時間を固定し、寝る時間も固定する」です!

 

コメント