2016年まなべやのオススメ。

スポンサーリンク

201601010001

 

あけましておめでとうございます。

今年も宜しくお願い致します。

さて早速ですが、まなべやの独断と偏見にて、今年2016年のオススメを紹介したいと思います。

オススメ映画、オススメ絵、オススメ人物などなど。ちなみに、ランキングではありません。

皆様も是非、このお正月などに、体験してみてくださいね。

今年も、皆様にとって素敵な一年になりますよう!

 

 

2016年まなべやのオススメ。

 

スポンサーリンク

君の名は。

新海誠監督最新作
「君の名は。」
2016年8月公開
http://kiminona.com/

君の名は。

「君の名は。」は、2016年8月公開の新海誠監督の最新作です。

スタジオジブリの宮崎駿監督や、スタジオ地図の細田守監督が担ってきた、東宝の夏のアニメーションを、2016年はついに新海誠監督が担います。

配給も大規模になるだろうし、沢山の仕掛けやキャンペーンも行われるでしょう。間違いなく、2016年を代表する作品になりますので、全員で劇場に見に行こうな!絶対楽しいよ。

いやあもう、ほんまに楽しみすぎて、すでに胸が苦しい。

新海誠監督の作品を見た事が無い方や、アニメーション作品をあまり見た事が無い方も、前作「言の葉の庭」という作品から、スッと入っていけると思いますので、こちらも是非。本当に素敵な作品です。感想をブログに書かせて頂いおります

「言の葉の庭」が気に入った方は、「言の葉の庭」→「星を追う子ども」→「秒速5センチメートル」→「雲のむこう、約束の場所」→「ほしのこえ」→「彼女と彼女の猫」と初期作品に向かって、見てみて下さい。どの作品も色は違いますが、終始一貫した強い想いが垣間見られ、新海誠監督を知るに素晴らしい体験になると思います。

主人公の神木隆之介さんの声も素敵。それから、上白石萌音さんの声を初めて聞いた時、勝った、と思いました。

あと音楽とか、主題歌とか、他の声優さんとか、めちゃくちゃ気になるよねえ

新海誠監督の公式ホームページに、監督自身のお言葉があります。

皆様も下記HPへ。是非。

劇場長編アニメーション『君の名は。』

 

●君の名は。公式サイト
http://www.kiminona.com/
●新海誠監督Twitter
https://twitter.com/shinkaimakoto
●新海誠作品PRスタッフTwitter
https://twitter.com/shinkai_works

 

 

聲の形

聲の形(1) (週刊少年マガジンコミックス)

 

(注)2016年中の公開かなど、まだ何も発表されておらず、公開時期は全くの不明なのですが、期待を込めて挙げてさせて頂きました。

 

「聲の形」(こえのかたち)は、大今良時先生原作の漫画です。

聴覚障害を持つ転校生・西宮硝子と、彼女を傷つけた少年・石田将也を軸にいじめ問題や心の触れ合いを描いた物語。非常に話題になっている作品ですが、なんと、劇場アニメ化される事が発表されました。

監督は、山田尚子監督。制作は、京都アニメーション。

山田監督は、「けいおん!」や「たまこラブストーリー」などのアニメーションを監督されている、自分も大好きな監督さんです。

非常に繊細で大胆な演出と言ったらいいのでしょうか、その両極端さが震えるほど素敵で、「けいおん!」の素敵さもさることながら、前作「たまこラブストーリー」は間違いなく青春恋愛映画の傑作です。

 

自分、「聲の形」の原作漫画を読んでいないため、公開までに読むかどうか迷ってます。

公開後に見た方が、楽しめる気もしてるんですけど、多分、見ちゃうと思います。

7巻で完結したみたいで。そんな所も、なんか素晴らしいよね。

 

 

 

雪下まゆさん

mayu

 

イラストレーターの雪下まゆ(ゆきしたまゆ)さん。Twitterはこちら(@mognemu

自分は、ツイッターでたまたま、雪下さんが描かれた絵を見て、本当にビックリして、これは見に行かなきゃということで。その時の感想ブログはこちら

その雪下まゆさんが、2016年1月29日(金)〜2月1日(月)まで「原宿デザインフェスタギャラリー」で個展をされます。

グループ展や大規模なデザインフェスタ等には出典されておられると思うんですけど、個展は今回、初めて開催されるんじゃないかと思います。

いつか絶対話題になる人なので、全員、見とこうな。

 

 

いくつか、アップされている絵を貼らせていただきます。

 

雪下さんの絵は、多くの人に届く力を秘めているのと同時に、非常に内向的な面があって、それがドロドロ漏れ出てるのが分かるんです。

力があって、弱さがあって、意志があって、希望が、。

普段、絵とか美術館とかにあまり馴染みが無い方も、初めて触れるにもってこいの個展だと思います。

個展が開催される、原宿デザインフェスタギャラリー自体も、こじんまりとした部屋が沢山ある感じの非常に馴染みのいい建物なので、好きな格好で、好きな音楽を聴きながら、何かのついでに観に行くとかでも全然OK。

いいなあ、って気持ちに絶対なると思います。

自分も絶対に観に行くので、皆様も都内に行った際など、是非!

 

●2016年1月29日(金)〜2月1日(月)まで「原宿デザインフェスタギャラリー(1-D)」で、雪下まゆ個展開催。

●Twitter
https://twitter.com/mognemu
https://twitter.com/yukishita_y

●Tumblr
ポートフォリオのようで素敵なTumblr。
http://mognemu.tumblr.com/

●BASE
ここでポストカードや、iPhoneケースなどを買うことが出来ます!
http://mognemchan.thebase.in/

●ヴィレッジヴァンガード
http://vvstore.jp/feature/detail/5917/

 

 

この世界の片隅に

この世界の片隅に : 上 (アクションコミックス)

2016年秋に劇場アニメ映画として公開が予定されている「この世界の片隅に」です。

原作は、こうの史代先生の漫画です。

監督・脚本は、片渕須直監督が手掛けられます。自分、片渕須直監督の「マイマイ新子と千年の魔法」という映画が好きで。何というか、自分に合っていると言えばいいのかも知れません。だから「この世界の片隅に」もすごく楽しみにしています。

この「この世界の片隅に」は、クラウドファンディング募集があった時に、自分も応募させて頂きました。

 

201509244981

 

すずさんから手紙が届いたりして、何だか、微笑ましくて。

練馬アニメカーニバル2015「『この世界の片隅に』公開まであと1年!記念トークイベント」の映像もアップされています。

公開が、待ち遠しいです。

 

●「この世界の片隅に」公式サイト
http://www.konosekai.jp/

●「この世界の片隅に」公式Twitter
https://twitter.com/konosekai_movie

●片渕須直監督のTwitter
https://twitter.com/katabuchi_sunao

 

 

 

水瀬いのりさん

201601010002

水瀬いのり

 

水瀬いのりさんは、新人声優さんです。

2016年うんぬんでは無いし、もうすでに大人気なのですが、改めて。

上に貼りましたが、デビュー曲の「夢のつぼみ」(作詞:絵伊子さん、作曲 編曲:渡部チェルさん)もめちゃくちゃ素敵なんですが、実は自分、去年「心が叫びたがっているんだ。」という映画をみまして。

 

感銘を受けたなんてもんじゃないですよ、ほんとに。

水瀬いのりさんは言葉を失った少女「成瀬順」役なんですが、それが、すごいんですよ。本当にすごくて。

見て欲しい。

ガタガタ震えましたよ。劇場で初めて声聞いた時。

おまけに、サントラもすごくよかったし。

とにかく、今年は「Tokyo 7th シスターズ(ナナシス)」関係もなんかありそうだし、歌手デビューもされたので歌関係も色々ありそうなので、期待を込めて。

そういや、昨日紅白やってましたが、水瀬さん、以前紅白であまちゃん「暦の上ではディセンバー」歌っておられましたな。

ほんと素敵な声優さんなのは間違いないですが、素敵な歌歌いでもあったんだなって、すごく感じたのです。

心が叫びたがってるんだ。全員中の人で舞台化してくれんもんかなあ

 

 

水瀬いのりさん公式ツイッター

水瀬いのりさん公式ブログ

水瀬いのりさん公式モバイルサイト「いのりまち」

水瀬いのりさんLINEスタンプ「水瀬いのりが描いたスタンプです」

 

 

Wake Up, Girls!

201601010004

Wake Up, Girls!は、仙台で結成された同名のアイドルグループと、そのアイドルに出会った人物達が織りなす群像劇です。みなさん、Wake Up, Girls!を略して「WUG(ワグ)」と呼んでおられます。

去年、アニメーションにて続編の劇場版が公開され、声をあてておられる声優さん達で結成した同名の声優ユニット「Wake Up, Girls!」の活動もまだまだ活発です。

今年2016年は台湾でのイベントがあったり、舞台である聖地仙台でのイベントも続けて開催されますので、今年2016年から来年2017年にかけては特に、Wake Up, Girls!が沢山の方の目や耳に触れる年になると思います。

 

●     ●     ●

 

さあさあ、という訳で、新年早々、色々紹介させて頂きました。

展覧会関係と舞台関係もと思ったのですが、現在、アンテナに磨きが足らず力尽きました。

なので、また、素敵な作品が見つかったら、ここに追加したいと思います。

今年も、皆様にとって素敵な年になりますように!

 

コメント