【WUG・ネタバレ注意】対峙した七瀬佳乃は答えを求めるも、自身に対する答えを用意することが出来ず、ただ立ち尽くすのみだった。劇場版「WakeUp,Girls!七人のアイドル」の感想10

 

公開日:2014年5月24日
LINEで送る
Pocket

 

 

スポンサードリンク

 

 

WakeUpGirls!

 

スポンサードリンク

 


Wake Up, Girls!(WUG)劇場版の感想を書きます。

ここは、【ネタバレ注意】劇場版「Wake Up, Girls!(WUG)七人のアイドル」の感想 10 です。

【ネタバレ注意】そう、映画が始まって最初に写るはっきりとした人物。あれは、多分、大田だろう。大田はここでも愛されている。劇場版「Wake Up, Girls! 七人のアイドル」の感想 11 はこちら。

ネタバレしかしていませんので、ネタバレが気になる方は注意してください!

●     ●     ●

●     ●     ●

●     ●     ●

島田真夢(しまだまゆ)は、「自分を幸せにするために、もう一度、アイドルをやりたい」と言って頭を下げた。

対峙した七瀬佳乃(ななせよしの)は、答えを求めるも、自身に対する答えを用意することが出来ず、ただ立ち尽くすのみだった。

テレビアニメ最終12話、その答えを手にし、さらにその先に見えるものに手を伸ばそうとしたのは、何を隠そう、その七瀬佳乃自身だった。

その時、そばにいて、七瀬佳乃を支えていたのは島田真夢。

島田真夢は、その時どんな表情で、何を想うのだろうか。

これは、WUG内に散りばめられた物語の一つだ。

●     ●     ●

Wake Up, Girls!(ウェイクアップガールズ:通称WUG(ワグ))は、実質0話の劇場版と1話〜12話で構成されている、同名アイドルユニット七人と沢山の人たちの出会いの物語。

舞台は現在の日本、仙台。

劇場版の冒頭、主人公の島田真夢が語る。

「誰かを幸せにするということ、それには三つのタイプがあると思う。世の中の多くの人を幸せにできる人。自分の周りの身近な人を幸せにできる人。それと、自分を幸せに出来る人。」

劇場版から続く、WUG第1期の物語は、自分を幸せにしようと翻弄する人たちの希望の物語だと、僕は思う。

●     ●     ●

仙台に事務所を構えるグリーンリーブスという名の芸能事務所社長の丹下(たんげ)は、タレントにも逃げられてしまい、金の匂いという名の独自の嗅覚から、仙台でアイドルユニットを作ると息巻く。

そして、結成されたのが、Wake Up, Girls!という名のアイドル。

丹下は、アイドルは物語だと言う。物語とは可能性の事だ、と。

Wake Up Girls! バスタオル 藍里

丹下社長の命令によりスカウトのため、松田マネージャーが初めて声を掛けたのは、実は島田真夢ではなく、林田藍里。

林田藍里(はやしだあいり:愛称あいり)は、泣きぼくろが特徴の宮城県仙台出身、15歳の高校1年生。

結局あいりは、スカウトではなく、自分からオーディションに応募してWUGメンバーとなる。

あいりはいつも自身を押さえ込んでいるのだが、それが後に、WUGに最大の危機をもたらしてしまう。

Wake Up Girls! バスタオル 菜々美

同じく、オーディションに応募してきた久海菜々美(ひさみななみ:愛称ななみ)は、光塚歌劇団に憧れるエリート思考の技術屋。

幼少より、ピアノやダンス、歌のレッスンなどをこなしており、WUGメンバーとなるもただの通過点としてしか考えておらず、メンバーで言い合いになることもしばしば。

最年少ながら、今後、WUGを技術面から支えていくこととなる。

Wake Up Girls! バスタオル 夏夜

松田マネージャーは、とあるラーメン屋で菊間夏夜(きくまかや:愛称かや)にも声をかける。

居場所を求めさまよい続けているかやはバイトを転々としており、現在はたまたま、このラーメン屋でバイトをしていたのだ。後にかやもオーディションに応募しWUGメンバーとなるが、このときは、松田の突然のスカウト?に怪訝(けげん)な顔をするだけだった。

かやは、姉のような包容力で、以後、WUGの背中を押し続ける存在。

Wake Up Girls! バスタオル 佳乃

そのラーメン屋さんで松田マネージャーが読んでいる地方紙の表紙を飾るのが、七瀬佳乃(ななせよしの:愛称よっぴー)。

七瀬佳乃は、子役として活躍後、仙台のモデル事務所に所属し地方のCMに出演するなど仙台で精力的に芸能活動をしている。

東京への漠然としたあこがれがあり、全国区の売れっ子になるための登竜門と言われている、日本ガールズコレクション地方枠最終選考までコマを進め周囲に当然のように期待されるも、落選。

そんな中、いや、それを見越したかのように、丹下社長が声をかけたのだった。

「仙台で勝ったことのない人間が、全国で勝てるわけない」

この返しの、佳乃の「今、返事しなきゃ駄目ですか」という第一声が、ほんとに素晴らしい。

あと、六人で並んで歩いているときの「そうかな」も。

Wake Up Girls! バスタオル 実波

丹下社長がスカウトしてきたもう一人の人物は、民謡が大好きで抜群の歌唱力を持ち、石巻市内の仮設住宅で暮らしている、片山実波(かたやまみなみ:愛称みにゃみ)。

丹下社長は、みなみが「東北うた自慢」という歌唱コンテストで優勝した日に声をかけた。

みなみは全く興味がなかったようだが、そこにいた同じ仮設住宅で暮らす人たちの勧めもあり、オーディションを受けWUGの一員となる。

島田真夢が加入する前のWUGセンターでもある片山実波は、その抜群の歌唱力だけではなく、その愛嬌あるキャラクターから初期のWUGを引っ張っていくこととなる。

Wake Up Girls! バスタオル 未夕

一方、松田マネージャーがスカウトしてきたのは、メイドin仙台というメイド喫茶で人気者だった岡本未夕(おかもとみゆ:愛称みゅー)。

アイドルが大好きで、I-1Clubにもあこがれているみゆは、I-1Clubのオーディションを受けに東京に行きたいという気持ちを持っていたこともあったが、経済的理由などにより叶わず、現在は、お金を貯めることと、アイドルの勉強をするために、メイド喫茶で働きながら日々ステージをこなしている。

みゆは、この仙台の小さなステージで、何よりも大きなものを手にし、それは、ずっと憧れていた島田真夢にも影響をあたえるほどのものなのだが、これは、また別の物語だ。

Wake Up Girls! バスタオル 真夢

その島田真夢(しまだまゆ:愛称まゆしぃ)は、国民的アイドルユニット「I-1Club(アイワンクラブ)」の元センターで大人気アイドルだった。

鳴かず飛ばずだった「I-1Club」をアイドル、芸能界の頂点まで押し上げたのも、この島田真夢の功績といわれるほどの人物。ある日、センター争いに敗れたとの理由から、人気絶頂のまま突然の卒業、ファンやマスコミが大騒ぎする中、大スキャンダルに発展、その多くが謎に包まれたまま消息不明、表舞台から姿を消していた。

●     ●     ●

松田マネージャーは、偶然居合わせた望洋台公園で、とある少女の歌声を耳にし衝撃をうける。

目をうるませ、衝動的にオーディションに来て欲しいと声をかけるも、ありえないほどに断られてしまったその人物。

その人物こそ、島田真夢その人だった。

島田真夢は、現在、仙台に在住しており、あいりと同じ高校の同じクラスに転校してきていた。

松田マネージャーは、その少女が元I-1clubセンターの島田真夢だとは知らなかったのだ。

この時点で、まだ、島田真夢はWUGメンバーでは無い。

当初、Wake Up, Girls!(WUG)は、この島田真夢を除く、林田藍里、久海菜々美、菊間夏夜、七瀬佳乃、片山実波、岡本未夕の六人でのスタートとなる。

●     ●     ●

僕は、島田真夢が死ななかったのは、あいりを始め、Wake Up, Girls!のメンバー七人がそばにいたから、ただそれだけのことだと思っています。

たった、それだけのことだと思っています。

●     ●     ●

●     ●     ●

●     ●     ●

ここは、【ネタバレ注意】劇場版「Wake Up, Girls!(WUG)七人のアイドル」の感想 10 です。

【ネタバレ注意】そう、映画が始まって最初に写るはっきりとした人物。あれは、多分、大田だろう。大田はここでも愛されている。劇場版「Wake Up, Girls! 七人のアイドル」の感想 11 はこちら。

これは、「Wake Up, Girls!(WUG)とは何だったのか」という名で書き綴っている、現在進行形の感想の一部になります。そちらのページにも全部貼っていきますので、お時間のあるかたは是非!

【ネタバレ注意】希望のかけらと、その物語。Wake Up, Girls!(WUG)とは何だったのか。

●     ●     ●

●Wake Up, Girls!公式ポータルサイト 
http://wug-portal.jp/ 

●Wake Up, Girls!公式Twitter 
https://twitter.com/wakeupgirls_PR 

●Wake Up, Girls!公式ブログ 
http://ameblo.jp/wakeupgirls/ 

●Wake Up, Girls!オフィシャルファンクラブ 
http://wug-fc.jp/ 

●     ●     ●

WUGメンバー紹介動画画像集&最新情報。

声優「山下七海さん」の紹介動画画像集&最新情報はこちら

声優「田中美海さん」の紹介動画画像集&最新情報はこちら

声優「奥野香耶さん」の紹介動画画像集&最新情報はこちら

声優「永野愛理さん」の紹介動画画像集&最新情報はこちら

声優「高木美佑さん」の紹介動画画像集&最新情報はこちら

声優「青山吉能さん」の紹介動画画像集&最新情報はこちら

声優「吉岡茉祐さん」の紹介動画画像集&最新情報はこちら

声優ユニット「Wake Up, Girls!(WUG)」メンバー紹介&最新情報はこちら

●     ●     ●

WUGライブ感想集。

Wake Up, Girls!(WUG)のライブを見て感動した話

【WUG】Wake Up, Girls! 1stライブツアー東京昼公演の感想

【WUG】Wake Up, Girls! 2ndライブツアー感想記。

WUGフェス2014幕張の感想。

WUGフェス2015幕張の感想。

俯瞰と三世と、大丈夫だよという根拠の無い言葉が持つ無意識的な強さ。WUG3rdライブツアーの感想。

WUG3rdライブツアー千秋楽東京夜公演に行ってきたよ!

●     ●     ●

おすすめ。

WUGベストアルバム Wake Up, Best! 全曲紹介&超個人的感想。
201603207348

WUGベストアルバム Wake Up, Best!2 全曲紹介&超個人的感想。
201605157894

■SNS

LINEで送る
Pocket

 

 

■Twitter
更新情報と日々のつぶやき。
https://twitter.com/manabehirotsugu

 

■まなべやのTwitter
更新情報のみ。
https://twitter.com/manabeya_com

 

 

 

■Facebook


Instagram

Google+
feed-icon32x32
follow us in feedly
Mail

 

 

 

 

 

 

関連記事

    七瀬佳乃の夢。

    【WUG・ネタバレ注意】丹下社長はスカウトすると同時に、この世界には沢山の道があることを七瀬佳乃に示したんだと思う。劇場版「WakeUp,Girls!七人のアイドル」の感想19

    【WUG・ネタバレ注意】最終話七瀬佳乃の行動は誰よりも正確だったのか。劇場版「WakeUp,Girls!七人のアイドル」の感想12

    【WUG・ネタバレ注意】七瀬佳乃の現実。劇場版「WakeUp,Girls!七人のアイドル」の感想22

    声優「青山吉能さん」の可愛い紹介動画画像集&最新情報。

 

今日の人気記事

 

 

今日のオススメ感想記事

【ネタバレ注意】「君の名は。」を見に行ってきたよ! 【ネタバレ注意】「聲の形」を見に行ってきたよ! 【ネタバレ注意】「聲の形」を見に行ってきたよ!

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

<最後まで読んでいただきありがとうございました!

 

投稿ナビゲーション

 

コメントをどうぞ

「お名前(ペンネーム)」と「コメント」のみで送信いただけます。メールアドレスなどは必要ありません。
内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。
承認後表示されます。承認されず削除されることもあるので予めご了承下さい。