【WUG・ネタバレ注意】丹下社長の覚悟。劇場版「Wake Up, Girls! 七人のアイドル」の感想30

 

公開日:2014年11月1日

 

Twitter
facebook
line
hatebu

WakeUpGirls!

 

スポンサードリンク

 


【ネタバレ注意】音楽とダンスと、希望のかけら。劇場版「Wake Up, Girls! 七人のアイドル」の感想 29 はこちら。

ここは、【ネタバレ注意】劇場版「Wake Up, Girls! 七人のアイドル」の感想 30 です。

【ネタバレ注意】島田真夢が、本当に欲しかったもの。劇場版「Wake Up, Girls! 七人のアイドル」の感想 31 はこちら。

ネタバレしかしていませんので、ネタバレが気になる方は注意してください!

●     ●     ●

●     ●     ●

●     ●     ●

Wake Up, Girls!(WUG)
劇場版「Wake Up Girls! 七人のアイドル」本編映像より画像を引用させていただきました。

WUGは、その「タチアガレ!」を引っさげての、仙台MACANAでデビューイベント開催が決定。もちろん、衣装も普段のスタッフTシャツみたいなのではなく、新しいものが用意されることとなったのだが、これは最後のパンチラ、もとい、決意のパンモロにも繋がってて。あと、この場面の、漫画版の岡本未夕の聞き方と表情が可愛すぎる。120ページ右下。何回も見ちゃうよ。

その初めてのライブに向けて、他のメンバー同様、林田藍里はひとりで夜中まで練習してて、多分、それはこれからもずっとそうなんだと思うんですけど、それだけの努力家にも関わらず、6話のことにようになってしまう。現実はかくも厳しい。

実際、この劇場版の路上ライブでも、ちょっとダンス遅れてる感じなんですよね。。

その時に、強烈に思ったことがあるんです。

それはこの前、声優ユニットのリアルWUGメンバーのみなさんが、全く同じ日に別々の場所にいてWUGの仕事だったり全く別の仕事だったりをされている方がいたり、その場にいなかった方がいたりということがあって、その時にも強烈に思ったことなんです。それは、つい最近も思ったことでもあります。

一言で言うと、絶対大丈夫、って事なんですが、
その色々は、また、6話の感想時に書きたいなと思っております。

いつになるか、分かりませんが笑

●     ●     ●

そんな中、大事件が起こる訳です。

そうなんです、丹下社長が事務所のお金を持って、「愛するダーリンが緊急事態なので、しばらく仙台を空けます。」という書置きを残し、どっかにいってしまった、通称丹下事変、金持ち逃げの乱の勃発です。

WUGpediaの年表からいくと、島田真夢が加入したのが2013年12月で、健康ランドライブが翌年2014年2月。多分、3ヶ月ぐらいはいなかったということになると思うんです。

さあさあ、この丹下社長の行動はいったい何だったのか、ということを考えながら書いて行きたいと思うんですけど、正直分からんです。ほんと何なんでしょう。

いろんな考えがあると思うんですけど、大きくはこの二つかなと思うんです。

①WUGを団結させるためにそういうことにしたのか、
②単純にただのクズだったか。

個人的には、ただのクズでもめっちゃ面白くていいんですけど、その場合、小説版で菊間夏夜も言ってるように、それ以降の社長の行動がなんか上手く説明出来なくなるんですよね。だから、WUG団結と、松田さんに当事者意識を持ってもらうために(これは多分そうだと思う)、お金を持ち逃げしたことにしたのか、後もう一つは、全く別の理由もあったからなのかな、と思うんです。

なぜなら、丹下社長の考え込んでる画が、アニメでも漫画版でも、「愛するダーリンが緊急事態」だったからじゃなく、「事務所自体が緊急事態」だった感じか、「自分が緊急事態」、つまり、何か重大な事を深く考えているように見えるからなんですが、それだけだと、確かにまあちょっと弱い感じはします。

だから加えて僕は、ここも大田邦良の時と同じくその二つを重ねてみるんですけど、丹下社長は駄目人間なんだけど、仲間を見捨てて逃げることはしないタイプの駄目人間なんじゃないかなと、まずは思ったんですよね。実際悪びれもせず帰ってくるし。まあ結局は駄目人間なんだと思うんですよ、これは絶対。笑

社長と言われている人だって、全員が全員、完璧人間じゃないと思うんですよね、やっぱり。

単純に、丹下社長は、いつも優しく、お金も持ってて、何から何まで完璧にこなし、トラブルも、後は私に全部任せときなさいってな感じで、ちょちょいのちょいで解決してしまう、スーパーマンのような社長ではない、ということだと思うんです。

最後まで面倒見ようとするあまり周りを必要以上に振り回し、常識が通じないくせに情に厚く、光る部分は一つだけ(丹下社長は人そのものじゃなくて、人の才を見る力があると思ってて、もしそうなら、タレントさんがどっか行くのも説明がつくし)で、それ以外は全くダメダメな、相当クソめんどくさいタイプの人間なんじゃないかと思ってます。

いやいや、そこまで酷くはないか笑

なぜなら、根拠と言えるかどうか分かりませんが、これからのテレビシリーズの行動のすべて、例えば3話とか、に想いやりが見え隠れしているのと、あと劇場版の中にもちゃんとあって、同じくさっきの丹下社長の考え込んでる画と、一番最初のサファイア麗子さんへの言葉とかも、才能ある麗子さんが自身を安売りしてしまわないか心配しているだけだし、曲を作ってくれたTwinkleの言葉とか、明らかに相当世話になったみたいだし、そのTwinkleにWUG可愛いわねといわれてまんざらでもなくうれしそうだったり、島田真夢の事を大きくなったという言い方をしたり、それって親心というか何というか、あと、事務所で細々とだけどちゃんと結成パーティーをしたりとか、なんか色々見てると、根は悪くない人なんだな、と感じるんです。

ただ、めちゃくちゃ不器用でめんどくさい人間な感じがすげえするんですよねえ、笑

でね、なんでCDあんなに頼んだのかなとか色々考えてたら、もしかしてと思ったことがあるんですよ。

もう一つの全く別の理由って言うのは、もしかしたら実は、金を工面しに回っててそれを素直に言えない感じになってるんじゃないか、と。駄目人間に加えて、クソみたいにプライドも高い笑、でも僕はそれも絶対に必要なことだと思いますけど、ね。

ようするに僕は、上の2つとも違う考えで、
③金を持ち逃げする金も無い状態だったんじゃないかなって、思うんです。

MACANAへの金も、CDの金も、普通に払えなかっただけなんじゃないかって。

根拠は、上のすべての事に加えて、WUG6人と、これから島田真夢含めて、7人、それから松田さんの給料も払ってきて、これからも払わなければいけない訳で。七瀬佳乃もしきりに、これは仕事だ、私たちはプロだって強調してたし。ほんと、それってすごく重要で。

まあ、金勘定、絶対下手ですよね、丹下社長。これは絶対そうですよ。今の所属タレント0人で、そんな実績のない素人アイドル6人+新人マネージャーを養ってやっていこうなんて、普通の人間ならやらないと思います。

でも、丹下社長はやるんですよ。

なぜなら、そう覚悟したから。

CDのジャケットも制服ぽいし、銀行に金借りるときに、こんなCD出してるって言えるのでCDは先に作っておいて、でも金は後払いにしてもらってて(先にモノ作って売れてから後払いって金借りるときのやり方だし)、次の衣装代はないし、MACANAへの金は無いし、県内の作曲家にも払ったかも知れないし、やっぱりTwinkleへも必要だろうし、事務所の家賃もあるし、週二日のボイトレ代もダンスレッスン代も6人分だし、普通に考えて、今後どころか、今、お金がまったく無いんじゃないかと思うんですよ。いや、絶対事務所に金無いでしょ。

借金はあっても会社は潰れないけど、現金なかったら簡単に潰れるからね。

企業の殆どは金借りて会社回してるわけで、社長自身、無い袖は振れないって言ってたし、でも、Twinkleが上げてきた曲はめちゃくちゃいい曲で、WUGのメンバー6人からもめちゃくちゃ可能性を感じる。ここに島田真夢を何とかして加入させることが出来れば、結構いけるんじゃないかと確信めいたものがあった。島田真夢のことは俺に任せて下さいと松田も言ってる。今社長の自分に出来ることは、未来への投資。今日は、私も覚悟を決める日なのか、と。

ようするに、あの丹下社長のうつむき加減は、彼氏か誰かのことで悩んでるんじゃなくて、覚悟しようとしている人のそれ、なんじゃないでしょうか。そう見たら、何だか、そう見えてくるもんで笑。

丹下社長も、その日までは、何かふわふわしてたんじゃないかと思うんです。

でも、その日、覚悟を決めた。

何が必要だろう、金だ。事務所には金はない。だったら、すべてには間に合わないかも知れないが、金を集めるしかない。という流れで、一昔前のボディコンスーツに身を包んで、株主やら、銀行やら商工会やら公庫やら、正月には親やら親戚やらに頭下げまくってるんですよ、多分。それだけに集中して。頭下げまくって、CD持っていって、これ聞いてみて下さいって。曲すごいいいでしょう、あのTwinkleが作ってくれたんですよって。見てください、うちのアイドルすごいんですって。七瀬佳乃は元モデルでって伝えて。片山実波はのど自慢で優勝してるんです、久海菜々美はあの光塚歌劇団を目指してるんですよって、話題になるでしょう、まあうちにとっちゃ痛手ですけどねハハハなんて言いながら。菊間夏夜はスタイル抜群でみんなを達観してるお姉さんなんですって、林田藍里も可愛げがあって誰にも負けないほどの努力家なんですって、岡本未夕は仙台のあのメイド喫茶で大人気なんですよって、みなさんも行ったことあるんじゃないですか!なんて言いながら、この娘たちには可能性があるんですって。必死に頭下げて。松田マネージャーもまだ言えないけど、元トップアイドルのすごい人物を連れてくるって言ってるんです、部下を信じてるんですって。何度も必死に頭下げて。だから、お金融資して下さいって。

その日、松田さんが事務所についた時点で、CDのダンボールが開いてて、ややCDが少なかったように見えたのは、多分、丹下社長が持っていったから、なんだと思うんです。

金がなくて、それが言えなくて工面しに回ってるところ、結果的に松田マネージャーのアシストで島田真夢が加入、WUGもやや団結して、松田さんも当事者意識を持ってきて、WUGを数ヶ月持たせることができ、丹下社長も金の目処が付いて久々に健康ランド(ってところが重要)で疲れを癒しているところ、無事再会となったんじゃないかと。

ようするに、結果的に上で言うところの、①も②も③も全部だったんじゃないかって思うんです。

悪びれず帰ってきてそのまま何事も無かったように居座り続けるのも、それがファミリーのみんなにとって結果的にいいことをやってると自分で信じてるからだと思うんですよ。ただ、説明が足りなさすぎるんですよね。だから、その辺りが丹下社長って母性的じゃなくて、いつもどこか、父性的なんですよね。そういう意味で、反発があるのはすごく理解できる。WUGのお母さんは林田藍里だけど、お父さんは丹下社長って感じ。お姉さんは菊間夏夜で、お兄さんもとい弟が松田さんかな。

つまり、「愛するダーリン」って言うのは、お前らのことだよ、って言わせんな恥ずかしい、を地でいってる、ほんと、めんどくさい人なんですよ、丹下社長って人は、多分。笑

●     ●     ●

いやまあ、また妄想暴走全開してしまいましたが、とにかく、真相は全く分からないんですが、一番の問題は、僕なんかの想いより、メンバーのみんながどう思ってるかだと思うんです。

例えば久海菜々美は、ゆるせないが松田さんよりはマシだという考えだったり、菊間夏夜がそんなにだらしない人には見えない、いつか丹下社長の正体を暴いてやると言ってるし、でも、岡本未夕はそういう噂を聞いたとかなんとかで、七瀬佳乃は当然納得してなく半ば諦めぎみかもと思うし、林田藍里は泣いてるし、片山実波はおなかすいてるしで、島田真夢なんかは、後から加入してきたのもあって、いきなり岡本未夕探しに行けってまず、お前誰やねん、状態やと思うし。

結局、仕事をとってきたからすべてがOKになった訳じゃなくて、その後も一緒にいて、メンバーがどう思ったのかということのほうが重要で。松田さんの時みたいに、駄目人間でも丹下社長だったらええか、なんならこっちが支えたるかと岡本未夕みたいに思うのか、もう付き合ってられない、と思うのか。

で、結果的に、最後まで全員一緒にいたわけで。
それがメンバーの答えなんだと思うんです。

もちろん、これから先は、分かりませんが笑

まあ、本当にお金が無かったんだとしても、それも丹下社長自身が招いたことな訳だし、松田さんも、もっともっと怒ってもいいと思うんですけど、そこが松田さんの駄目なところでもあるんですよね。

大人、駄目人間ばっかりやん。

いや、俺も人のこと言えんし。
初めて劇場版みたとき、この事務所グリーンリーヴズ・エンタテインメントの大人2人にめっちゃ親近感持ったよね、そのダメさ加減に。

駄目人間に、お前は駄目だって言って完璧を求めるのは、簡単なことなんだけど、ね。

それだと、その人じゃなくてもいいってことやん

つまりそれって、WUGがWUGである必要がないって言ってるようなものやんか

俺、丹下社長も松田さんも結構好きだからさ

●     ●     ●

●     ●     ●

●     ●     ●

【ネタバレ注意】音楽とダンスと、希望のかけら。劇場版「Wake Up, Girls! 七人のアイドル」の感想 29 はこちら。

ここは、【ネタバレ注意】劇場版「Wake Up, Girls! 七人のアイドル」の感想 30 です。

【ネタバレ注意】島田真夢が、本当に欲しかったもの。劇場版「Wake Up, Girls! 七人のアイドル」の感想 31 はこちら。

これは、「Wake Up, Girls!(WUG)とは何だったのか」という名で書き綴っている、現在進行形の感想の一部になります。そちらのページにも貼っていきますので、お時間のあるかたは是非!

【ネタバレ注意】希望のかけらと、その物語。Wake Up, Girls!(WUG)とは何だったのか。

●     ●     ●

2015年12月12日(土曜日)幕張メッセにてライブイベント「Wake Up, Girls!『Beyond the Bottom Exten』」開催決定。

●Wake Up, Girls!公式ポータルサイト 
http://wug-portal.jp/ 

●Wake Up, Girls!公式Twitter 
https://twitter.com/wakeupgirls_PR 

●Wake Up, Girls!公式ブログ 
http://ameblo.jp/wakeupgirls/ 

●Wake Up, Girls!オフィシャルファンクラブ 
http://wug-fc.jp/ 

●2015/12/9(水)「Wake Up, Girls! 続・劇場版 後篇『Beyond the Bottom』」の主題歌「Beyond the Bottom」発売。

●「Wake Up, Girls! 続・劇場版 前篇『青春の影』」の主題歌「少女交響曲」発売中。 

●「Wake Up, Girls! 1st LIVE TOUR 素人臭くてごめんね!Wake Up, Girls!Festa.2014 Winter Wake Up, Girls! VS I-1club Live Blu-ray」発売中。 


 

●続・劇場版 前篇「青春の影」、ニコニコ動画にて公式配信(756pt/7日間)始まっています。


Wake Up,Girls!青春の影 ニコニコ動画

●2015年12月11日(金)公開「Wake Up, Girls! 続・劇場版 後篇『Beyond the Bottom』」予告編

●     ●     ●

声優「山下七海さん」の紹介動画画像集&最新情報はこちら

声優「田中美海さん」の紹介動画画像集&最新情報はこちら

声優「奥野香耶さん」の紹介動画画像集&最新情報はこちら

声優「永野愛理さん」の紹介動画画像集&最新情報はこちら

声優「高木美佑さん」の紹介動画画像集&最新情報はこちら

声優「青山吉能さん」の紹介動画画像集&最新情報はこちら

声優「吉岡茉祐さん」の紹介動画画像集&最新情報はこちら

●     ●     ●

コメントをどうぞ

「お名前(ペンネーム)」と「コメント」のみで送信いただけます。メールアドレスなどは必要ありません。
内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。
承認後表示されます。承認されず削除されることもあるので予めご了承下さい。