【ネタバレ注意】アニメ「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」を紐解く。

 

公開日:2017年8月20日

 

 

スポンサードリンク

 

 

●     ●     ●

少しの考察

原作ドラマは、すごく現実的で、世界も2つだけです。

しかし、アニメ版は、良質なファンタジーになっていました。

「もしも玉」という不思議な玉でパラレルな世界を沢山行ったり来たりして、最後には変な世界に行ってしまいます。

どの世界もそのサークル?とかの回転の向きが違っているように見えて、それが現実ともしも(if)の世界の違いなのかも知れません。

最後玉が割れた時、原作のバスの描写もあったので、原作ドラマもこのアニメのifの一つということなのかな、と思いました。

つまり、アニメの世界は「今度会えるの二学期だね。」を言う世界じゃ無いということなのでしょう。

そのどれもが、二人の思い出となっているようで、『典道(のりみち)』だけでなく、『なずな』もすべての世界を知っていたのでしょうか、なずなは、花火が変な形だっていうのを知っているような口ぶりでした。

あの玉には、そういう不思議な力があるのかも知れません。

なずなの父親が死んでいた時にその玉を持っていたように見えましたが、もしかすると、父親と母親もパラレルの世界を旅した一人なのかも知れません。

原作には、TVドラマでは流れなかったもう一つのエンディングがあり、それがアニメ版に使われています。

最後にあった、二学期が始まって教師から名前が呼ばれるシーンがそれなのですが、原作でもアニメでも、転校した「なずな」の名前は呼ばれなかったと思います。

アニメ版では、典道(のりみち)の名前は呼ばれるけど返答がなくて、???ってなる所。

自分の考えでは、現実として駆け落ちが成功したか、もしかしたら、一人でなずながいなくなった海でも見てるのかな、とも思いました。

あなたは、どう感じたのでしょうか。

スポンサードリンク

 

 

 

■シェアする

 

 

■Twitter
https://twitter.com/manabehirotsugu

■Facebook

https://www.facebook.com/manabehirotsugu

■Google+

https://plus.google.com/u/0/+HirotsuguManabe

■instagram
https://www.instagram.com/manabehirotsugu/

follow us in feedly

 

 

 

 

 

 

関連記事

    2015年オススメ劇場アニメーション映画7選。

    【期待大】翠星のガルガンティア第一話の感想

    【ネタバレ注意】絶望感!原作を読んでいない僕が進撃の巨人第一話をみた感想

    可愛い!楽しい!「リトルウィッチアカデミア」を見たよ!

    たまこまーけっと9話おもしろかったなあ

 

今日の人気記事

 

 

 

 

今日のオススメ健康記事

生活習慣の乱れを改善する為に見直したこと11選 睡眠の質を上げ、睡眠不足を解消し、健康の為に実践していること5選 咳が止まらない時に実践した、咳を止める方法29選

 

 

スポンサードリンク

 

 

<最後まで読んでいただきありがとうございました!

 

投稿ナビゲーション

 

コメントをどうぞ

「お名前(ペンネーム)」と「コメント」のみで送信いただけます。メールアドレスなどは必要ありません。
内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。
承認後表示されます。承認されず削除されることもあるので予めご了承下さい。