「新海誠展 ―きみはこの世界の、はんぶん。―」に行ってきたよ!

 

公開日:2014年7月2日

 

Twitter
facebook
line
hatebu

新海誠展

 

スポンサードリンク

 


静岡県の三島で開催されている、「新海誠展 ―きみはこの世界の、はんぶん。―」に行ってきました!

最高の小旅行になりました。

とてもとても楽しかった。

簡単ですが、続きに感想など書いてみました。

●     ●     ●

新海誠展 ―きみはこの世界の、はんぶん。―

新海誠展

開催場所は、新幹線の三島駅から見える、大岡信ことば館という所です。

201407010756

新横浜から新幹線で三島まで行きました。
3,40分ぐらいなので、本当にすぐに着きます。びっくり。

自分は新幹線が好きで(何故ならかっこいいから!笑)、今回は小旅行という雰囲気もあったので新幹線で行きましたが、実は、都内からだと新幹線を使わなくても行ける距離です。

ざっくり言うと、在来線だと時間は倍かかるけど料金は半分で行ける、といったイメージでしょうか。

201407010319

新幹線三島駅のホームから、新海誠展の場所が見えます。

201407010312

三島駅北口を出て、東京方面に日本大学国際関係学部の建物があり、
新幹線沿いをそっちに向かって歩いて行くと、

201407010320

201407010341-1

このすぐ向こう側の建物が、大岡信ことば館です
本当に、迷うこともなく、あっけなく到着します

201407010321

201407010324

201407010326

大岡信ことば館、全体的に広々と展示されており、とても綺麗です。
会場内途中に休憩する場所もあったりして、安心して展示を観ることができました。

あと、係の方にもとても親切に対応いただきました。
ありがとうございます。この場を借りて御礼を。

●     ●     ●


パソコンの方はYoutube動画再生後、右下の歯車ボタンで高画質に、カッコボタンで全画面にできますので、お好みで御覧ください。

事の始まりは、この『クロスロード』という受験生応援CMで、株式会社Z会と新海誠監督がコラボしたこと。

Z会グループの運営する大岡信ことば館は、さまざまな角度から「ことば」の可能性を探ってこられたそうで、この度、アニメーションの世界における、新たな「ことば」の発信者として新海誠監督に注目し、展覧会を開催されたそうです。

展示内容に、新海監督作品の言葉を大きく現したようなユニークな造形物もあり、とても楽しめました。

展示作品は、Z会CM『クロスロード』、『彼女と彼女の猫』、『秒速5センチメートル』、『言の葉の庭』の4作品。

各作品ごとに、絵コンテや原画、ポスターなどが展示されてあります。

作品を見たことが無い方も全然楽しめると思いますが(実は会場内で本編もループ放映されているので全編見れる!)、秒速5センチメートルと言の葉の庭を見たことがあるとさらに楽しいかもです!

下記に公式公開されている、彼女と彼女の猫全編、クロスロード全編、新海監督作品(今回展示がなかったものも)の予告を貼っていますので、この機会に是非。

●     ●     ●

彼女と彼女の猫

彼女と彼女の猫」は、自分が新海監督作品にどハマりすることになった作品です。

ねこかわいい

絵コンテも展示されていて、それに書かれていることも、すごく面白く興味深かったんですけど、当時のCDROMに付いていた冊子や、監督がコンテストに応募されたときVHSビデオに貼り付けていたラベルの絵とかも展示されていて、全部すごくよくて、全部欲しかったです。

ほしのこえ

ほしのこえ」は、宇宙に旅立つ少女と残された同級生の少年、二人の物理的な距離が離れるごとにメール到着時間も数秒から数年と長くなっていく、気持ちを写した物語。新海監督がほぼ一人で1台のパソコンで作られた作品。(MACG4/400メモリ1GBとのこと!)

今回、ほしのこえ自体の展示はありませんでしたが、彼女と彼女の猫とほしのこえの2000年の冬コミのポスターが展示されていました。これがまた、めちゃくちゃいい感じでした。

また、ロボットアニメつくって欲しいなあとか、勝手に思ったりしています。

雲のむこう、約束の場所

今回、「雲のむこう、約束の場所」の展示はありませんでしたが、物販にDVDや、天門さんの音楽CDも置いてありました。

新海誠監督の作品は、天門さんの音楽も本当に素晴らしくて。

秒速5センチメートル

秒速5センチメートル」は、絵コンテなどが展示されており、何と言ってもポスターが素晴らしいです。本当に。欲しいんですけど、もう売ってないんですよね。。

あと、カード型パンフレットも興味深かったし、それと、明里から貴樹への手紙の元になった現物が展示されていて、内容を読むことが出来ます。やばい。

僕は、第一話の「桜花抄」が大好きなんです。おにぎりのシーンが最高に好きなんです。近藤好美さん演じるアカリの声もめちゃくちゃいいし、とにかくこの第一話が最初から最後まで全部よくて、初めて見たときすごくびっくりしたのを覚えています。傑作です。傑作。

星を追う子ども


星を追う子ども

星を追う子ども」自体の展示はありませんでしたが、ポスターなどが飾られており、物販にDVDなどもありました。

アスナとシンとモリサキが座っているポスター初めてみたんですけど、めっちゃいい

あと、メイキング映像がループで流れているんですけど、その中に星を追う子どものメイキングもあり、各セクションの人たちの仕事風景や、主人公アスナ役の声優金元寿子さんに演出指示などをされているアフレコ演出の三ツ矢雄二さんや新海監督の姿などが映しだされていました。すごい。尊敬の念しかない。めちゃくちゃ見応えがあります。

自分、星を追う子どもを新宿バルト9に見に行ったんですけど、主題歌の熊木杏里さん「Hello Goodbye & Hello」が、もう最高なんですよ。ほんと最高。映画でこの曲がかかる瞬間のカタルシスたるや、もうね

言の葉の庭

言の葉の庭」は、絵コンテやポスターなど展示されてあります。企画書も展示されてあり、すごく興味深かったです。孝雄がデサインした靴の完成現物が展示されています。あの靴です。やばい。

あと、物販に映画のパンフレットや小説がありました。パンフレットを買いそびれたかたはここで買うことが出来ます。

言の葉の庭は、15歳の少年が、上手く人生を歩けなくなった27歳の女性のために、靴を作ろうとする物語です。自分、映画館でボロボロ泣いてしまいまして笑、とにかく、沢山の人に観て頂きたい作品。本編46分でコンパクトだし、新海誠監督作品を見たことがないという方や、アニメーションをあまり見ないという方でも、この作品からすんなり入っていけると思いますので、是非!

クロスロード

クロスロードは、絵コンテやポスターなど展示されてあります。中でも、メイキング、ビデオコンテが見所で、すごくよかったです!

この映像の中で、クロスロードのデモ音源なんかも聞けるし、各セクションを追って見れたりします。キャラクターデザインの田中将賀さんが提案されたところや、ラフ画なんかも色々見ることが出来ました。

その中に、未使用コンテがあって、それが何というか、めちゃくちゃよかった。必見。

なんか、いいなあ、って。

なんか、色々安心した。

物販にクロスロードを歌われている、やなぎなぎさんのCDも置いてあります。

やなぎなぎさん、すごくいい声

●     ●     ●

お土産をいくつか。

そういや、お会計でクレジットカードが使えませんので、ご注意を。

201407010353

3つ入りの小バッチです。超可愛い。

201407010356

パンフレット。新海監督や編曲をされた多田彰文さん、やなぎなぎさんのコメント、新海監督と加納新太さんの対談などが収録されています。

201407010369

大岡信ことば館だより季刊誌です。加納新太さんのコラムなどが載っています。

201407010355

入場チケット。ポスターになる前のラフ画だったと思います。

201407010362

NHKみんなのうたの「笑顔」DVD。とても可愛らしい映像作品です。ずっと欲しかったのでお土産に買ってきました!

201407010363
201407010365

ほしのこえと雲のむこう、約束の場所、秒速5センチメートルのクリアファイルです。3つセットになってます。すごくいい

新海誠展

今回のB2ポスター。素敵だ。

●     ●     ●

「新海誠展 ―きみはこの世界の、はんぶん。―」かなり楽しめました。

新海誠監督作品が好きな方は、本当に楽しめると思います。

平日だったのもあってか、ゆっくり観ることが出来ました。
展示自体もゆったりしていて、個人的にも、そこがすごくよかったです。

自分は、2時間ぐらいいたと思います。展示自体だけなら、1時間ぐらいで見られるかも知れませんが、メイキング映像や、本編自体もループで流れており、それらの映像全部を見ると、3,4時間ぐらいになっちゃうかもしれません。見たことがあるかたもおられるかも知れませんが、メイキング映像とかインタビューとかすごく面白いです。

何度でも入退場できますので、途中で外に出てご飯を食べにいくことも出来ます!

201407010335

自分は帰りに、海鮮丼ランチみたいなのを食べました。超うまい。
すしランチもあったみたいで、そっちも食べたかった笑

ことば館がある北口にも食べ物やさんがありますが、反対の南口のほうにも商店街やコンビニなどもありますので、食べるところなどには困らないと思います。

南口にある商店街の売店みたいなところで、みしまコロッケ(三島名物!)を買って帰りの新幹線で食べました。
油っこくなくさっぱりしてて、みしまコロッケも超うまかったです!

201407010339

自分は時間的に行けなかったんですけど、近くの「楽寿園」で動物と触れ合えたり、「三島大社」などの観光スポットもあるようですので、気軽に観光なども出来ると思います。

一人旅に行きたいけど場所が決まらないという方や、カップルの方、友達同士やご家族でも関東近郊から気軽に行くことができるし、例えば関東からだと開場の朝10時着で行けば、多分、夕方すぎぐらいには帰って来られると思います。

あと、アニメーション制作に興味がある方にもすごくいいのでは、と感じました。大判の絵や完成前のラフ画から完成までを見れたりするので。

自分も小旅行のつもりで、今回の新海誠展に行ったんですけど、正直、めちゃくちゃ楽しめました。

何から何まで全部展示されているという訳では無いですが、その分、色々落ち着いて観て考えることも出来たし、何より、新海監督作品がやっぱり素敵だった。最高にシビれた。

映像とか場面のコンテやポスターなんかをみてるだけで、何か、こう、込み上げてくるものがある。なんというか、色々思い出したり考えたり出来て、とてもいい時間を過ごすことが出来ました。

メイキング映像や原画などを見ていると、やっぱりすごいって改めて思う。

僕は、観ることでしか応援できないけど、これからも出来るだけ足を運びたいと思いました。

いつか、全作品を網羅したような大規模で、全国を巡回するような新海誠展も観てみたいです。

新海監督を始め、Z会のみなさま、関係者のみなさま、素晴らしい展覧会をありがとうございました。

とてもとても、楽しい小旅行になりました!

●大岡信ことば館
http://kotobakan.jp/exhibitions/shinkai-makoto

●大岡信ことば館Twitter
https://twitter.com/kotobakan

●新海誠監督ホームページ
http://shinkaimakoto.jp/archives/751

●新海誠監督Twitter
https://twitter.com/shinkaimakoto

いくつか作品の感想をブログに書いてます。

●【ネタバレ注意】「言の葉の庭」を見に行ってきたよ! ー まなべや
http://manabeya.com/kotonohanoniwa/

●Z会の「クロスロード」(新海誠監督作品)を見て感じたこと。 ー まなべや
http://manabeya.com/crossroad/

●おすすめ短編アニメーション10選まとめ ー まなべや
http://manabeya.com/short-story-animation/

コメントをどうぞ

「お名前(ペンネーム)」と「コメント」のみで送信いただけます。メールアドレスなどは必要ありません。
内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。
承認後表示されます。承認されず削除されることもあるので予めご了承下さい。