新海誠展 -「ほしのこえ」から「君の名は。」まで- に行ってきたよ!

 

公開日:2017年6月10日

 

 

スポンサードリンク

 

 

新海誠展

こんにちは。

まなべや(@manabeya_com)です。

2017/6/3(土)〜8/27(日)まで、静岡県の三島「大岡信ことば館」で開催されている、『新海誠展 -「ほしのこえ」から「君の名は。」まで-』に行ってきました!

今後、東京の国立新美術館や長野、北海道、北九州などを巡回する予定の新海誠展、待ちきれずに行ってきてしまいましたが、最高の小旅行になりました。

とっても楽しかったです!

簡単ですが、続きに展示内容などの感想レポート等々、色々書いてみました。


<ネタバレ注意>
展示内容、新海誠監督作品のネタバレしています。新海誠展の内容を知りたくないという方、ネタバレされたくないという方などは、絶対に続きを見ないでくださいね!


注意して記事作成しておりますが、間違いや抜け漏れなどあってはいけないので、必ず公式サイトなどで情報のご確認をお願い致します。

 

スポンサードリンク

 

新海誠展 -「ほしのこえ」から「君の名は。」まで-

新海誠展

■新海誠展公式サイト
http://shinkaimakoto-ten.com/

■新海誠展公式ツイッター
https://twitter.com/Shinkai_ten

■大岡信ことば館の新海誠展公式サイト
https://kotobakan.jp/exhibitions/shinkai2017

全国巡回先

大岡信ことば館(静岡)
2017.6.3 sat – 8.27 sun

小海町高原美術館(長野)
2017.9.2 sat – 10.29 sun

国立新美術館(東京・六本木)
2017.11.11 sat – 12.18 mon

札幌芸術の森美術館(北海道)
2018.1.3 wed – 2.25 sun

北九州市漫画ミュージアム(福岡)
2018.7.21 sat – 9.24 mon

以後、全国巡回予定

ざっくりした感想

■絵コンテや映像、原画、劇中の言葉などなど見どころ満載。
■全部をゆっくり見て2,3時間ぐらいの展示量。
■新海誠監督の超独特で完成された絵コンテビデオコンテ必見。
■図録(2500円)は絶対に買い。新海誠監督のインタビューも必見。
■その図録にも載っているが、言の葉の庭の2種類の「趣意書」は必見。
■新海誠監督の修正依頼の言葉に味がある。必見。
■映画で流れた2分間のOP映像がある。必見。
■主題歌MVのようなアニメ映像がある。必見。
■アカリの手紙、タカオの靴、中種子町のカブ、必見。
■2014年に開催された前回の新海誠展のグッズが買える。必見。
■グッズショップはクレジットカードが使えません。注意。
■写真動画全面禁止。注意。
■現地で買える当日券には新海誠展の印刷がされているが、セブンチケットでの入館券(前売り券)は印刷されていません。デザインが違います。当日交換等出来ません。注意。
■三島は近い。片道東京駅から新幹線で1時間4000円。在来線なら2時間2000円は強。三島駅降りて5分。
■「大岡信ことば館」2017年6月3日(土)~8月27日(日)会期中無休10:00〜18:00入場料大人1300円。
■写真撮影全面禁止だが、とっても綺麗で見やすくゆったりした展示。楽しい。
■再入場禁止だが、中にトイレも休憩できる椅子もある。安心。
■国立新美術館まで待てない人は三島に行こう。最高の小旅行になるはず。
■でも全国巡回/国立新美術館にも行こう。何回でも見たい。
■以上。新海誠監督作品が好きなら絶対行って損はない展覧会です!全国巡回するそうなので、絶対、どこかの会場に行きましょう!そして図録を買いましょう!

前回行った時のYoutubeを貼っておきます。

静岡県三島「大岡信ことば館」

新海誠展

開催場所は、静岡県三島の「大岡信ことば館」という所です。

前回2014年に開催された「新海誠展 -きみはこの世界の、はんぶん。-」は新幹線で行ってきたので、今回は在来線を使って行きました。

上にも書きましたが、片道、東京駅から新幹線で1時間4000円。在来線なら2時間2000円強です。三島駅降りて5分。

ざっくり言うと、在来線だと時間は倍かかるけど料金は半分で行ける、といったイメージでしょうか。

自分は平日朝から在来線使って行ったのですが、行きは三島まで座って行けましたが、帰りは全部立ちでした。近いので全然平気でしたけど。

新幹線はもちろん座って行けますので、小旅行気分を味わえます。

交通費のこともあるので、大人数だと新幹線は厳しいかもしれませんが、在来線だと時間が2倍かかるので、悩みどころです。帰りだけ新幹線にするとかでもいいかも知れませんね。

車の方は近隣に駐車場があるので、安心です。参考までに、NAVITIMEの三島駅北口周辺の地図リンクを貼っておきます

実は、新幹線三島駅のホームから、新海誠展の場所が見えます。駅からとっても近いです。(これだけ前回の写真です。)

新海誠展

三島駅北口を出て、東京方面に日本大学国際関係学部の建物があり、新幹線沿いをそっちに向かって歩いて行くと、すぐ向こう側の建物が、大岡信ことば館です。

本当に、迷うこともなく、あっけなく到着します。

新海誠展

新海誠展

新海誠展

なぜ「大岡信ことば館」で開催なのかというと、事の始まりは、『クロスロード』という受験生応援CMで、株式会社Z会と新海誠監督がコラボしたこと。

Z会グループの運営する「大岡信ことば館」は、さまざまな角度から「ことば」の可能性を探ってこられたそうで、アニメーションの世界における、新たな「ことば」の発信者として新海誠監督に注目し、前回、展覧会を開催されたそうです。

大岡信ことば館、その名の通り言葉の展示がユニークで、全体的に広々とゆったり構成されており、とっても綺麗です。

会場内途中にトイレも休憩する場所もあったりして、安心して展示を観ることができました。

あと、係の方にもとても親切に対応いただきました。

ありがとうございます。この場を借りて御礼を。

●     ●     ●

展示内容の感想いろいろ

新海誠展

展示内容はその名の通り、「ほしのこえ」、「雲のむこう、約束の場所」、「秒速5センチメートル」、「星を追う子ども」、「言の葉の庭」、「君の名は。」の絵コンテや原画など多数、「クロスロード」や「彼女と彼女の猫」などの短編作品のパネル展示もありました。

新海誠監督だけじゃなく、作画監督の安藤雅司さんやキャラクターデザインの田中将賀さんの絵も、もちろん見ることが出来ます。

主題歌MV風の映像作品や、作品に使われた小物の再現などもあって、すごく興味深くて、楽しいです。

とってもいい雰囲気だったし、たくさんの人に見て欲しいなあって、すごく思いました。

新海誠監督作品が好きな方は、本当に楽しめると思います。

「君の名は。」で、新海監督作品を知った方へ向けての展覧会でもあると思います。

とっても分かりやすく展示されていてすごく好印象です。

個人的には、前回みたいな細かい展示物もあればなあと思ったんですけど、それはまた別の機会にでも。

休日はどれくらいの混雑か分からないのですが、自分が行ったのは平日だったのもあってか、とってもゆっくり観ることが出来ました。

展示自体もゆったりしていて、個人的にも、そこがすごくよかった所です。

自分は、2時間ぐらいいたと思います。

急いで見れば、1時間ぐらいで見られるかも知れませんが、とにかく、ゆっくり見られる環境なので、そういう雰囲気が好きな方は、とっても落ち着いて見られるんじゃないかなと思います。

新海誠展

注意事項は上記の写真の通りになります。

場内写真動画撮影はすべてNGになっていますので注意してください。

また、再入場は出来ませんが、トイレや椅子も中にありますので、その辺りは安心かと思います。

ぶっちゃけ、住みたいです笑

アニメイトタイムズさんのレポートに中の写真がたくさんありますので、中の展示がどんなのか気になる方は、ご確認を。

ここからは少し、作品別の感想になります。

ほしのこえ

2002年公開の「ほしのこえ」は、宇宙に旅立つ少女と残された同級生の少年、二人の物理的な距離が離れるごとにメール到着時間も数秒から数年と長くなっていく、といった気持ちを写した物語です。

現在の新海監督作品にも通ずる美しい背景や、時間や距離などの差異、繊細な心描写、演出、音楽、声など、溢れんばかりの想いのすべてが込められている作品かと思います。

自分、天門さんの音楽も含め「ほしのこえ」大好き。

新海監督がほぼ一人で1台のパソコンで作られた作品。そのパソコンはMACG4/400メモリ1GBとのことで、実際に展示されています!

会社を辞め、貯金を切り崩して作り上げられたそうです。

何者でもなかった新海監督の想いが沢山詰まっている、とのこと。

図録、絶対読んでください。

もう絶対無理かもですけど、超短編でもいいから、コラボCMでもいいから、また、ロボットアニメつくって欲しいなあとか、自分、勝手に思ったりしています。

雲のむこう、約束の場所

2004年公開。当時、宮崎駿監督の『ハウルの動く城』などを抑え、第59回毎日映画コンクールアニメーション映画賞を受賞した作品。

今回の展示に原画もありましたが、小型飛行機「ヴェラシーラ」の美しさも非常に有名。

いつか、実際に空を飛ばないかなあなんて思っています。

川嶋あいさん歌う主題歌の「きみのこえ」も、とっても素敵で。

サユリとヒロキは、約束の場所を失くした世界で、今も生き続けているのでしょうか。

それとも。

秒速5センチメートル

自分の絵とはどんな絵だと聞かれたら、「秒速5センチメートル」の絵だとの、新海監督の言葉がありました。

こういう映画を必要としている人は世の中にいて、そんなあなたもこの世界の美しさの一部である、といったような文言も。

泣けた。

そんな文言たちもちゃんと全文見ていただきたいので、新海誠展へ、ぜひ。

秒速5センチメートル」は、2007年に公開された全編63分の劇場作品で、「桜花抄」、「コスモナウト」、「秒速5センチメートル」の短編3話で構成されています。

明里(アカリ)と貴樹(タカキ)、二人の出会いから数年間を追った作品。

僕は、第一話の「桜花抄」が大好きなんです。

おにぎりのシーンが最高に好きなんです。

近藤好美さん演じるアカリの声もめちゃくちゃいいし、とにかくこの第一話が最初から最後まで全部よくて、初めて見たときすごくびっくりしたのを覚えています。

「中種子町」ナンバープレートのカブ必見です!

星を追う子ども

『星を追う子ども』は、2011年に公開された、長編映画です。

アガルタという場所を軸に、少女と少年、そしてアガルタを目指す男の物語。

大切なのは物語であり、メッセージであるといった文言も。

新海監督の心境の変化なども含め展示物の横の文言や、図録に詳しく書いてあるので、必見。

当時、星を追う子どもを新宿バルト9に見に行ったんですけど、主題歌の熊木杏里さん「Hello Goodbye & Hello」が、もう最高なんですよ。

ほんと最高。

映画でこの曲がかかる瞬間のカタルシスたるや、もうね

アニメーションの映像を使ったMVが展示されているので、必見です。

言の葉の庭

『言の葉の庭』は、2013年に公開された、全編46分の劇場作品です。

15才の靴職人を目指す少年と27才の女性との物語で、ざっくり言うと、上手く人生を歩けなくなった女性に靴を作ってあげようとする少年の物語。

上の方にも書きましたが、「マーケティングについて」と「この作品について思うこと」という2つの趣意書が展示されています。

この趣意書、絶対に必見です。

2つの趣意書は図録にも載っているので、図録は絶対に買いです。

君の名は。

『君の名は。』は、2016年に公開された、新海誠監督の最新劇場作品です。

夢と知りせば、という企画書が展示されていて、必見です。

もちろん、作画監督の安藤雅司さんやキャラクターデザインの田中将賀さんの絵も素敵です。

映画にもあったOP映像が流れてるんですけど、今見たら結構ネタバレしてたんだなあって思いました笑

初見では当然、全然分からなかったので、なるほどおおおって、感じてしまいました。

はやく、BD/DVDで見たいです!

4K!

次回最新作

図録に、本当に少しだけなんですけど、次回最新作について少しだけ話してくださってる箇所があります。

やばい。

死ぬほど、楽しみです。

●     ●     ●

グッズ

新海誠展

図録はマジで買いです。2500円。内容も申し分なし。お値段の価値あります。

新海誠展

新海誠展

新海誠展

いつもブログ書きながら食べるように買うお菓子も。今回はチョコクランチ。おいしい。

この下は前回買ったお土産です。今回、特別に再販して下さっているようですので、前回買いそびれた方もぜひ。

新海誠展

3つ入りの小バッチです。超可愛い。

新海誠展

パンフレット。新海監督や編曲をされた多田彰文さん、やなぎなぎさんのコメント、新海監督と加納新太さんの対談などが収録されています。

新海誠展

前回のB2ポスター。素敵だ。

ちなみに、グッズショップはクレジットカード使えませんので、注意してください。

あと、現地の当日チケットは下記のように印刷されています。

前売りもあるのですが、現地の当日券と交換等出来ないようですので、注意してくださいね。

●     ●     ●

最後に

201706101971
新海監督の言葉に、風景は一番身近な救いになってくれる、といったような言葉がありました。

幼少の頃に感じた想いや学生の頃に見た風景などが、新海監督の創造の源になっているのかなとも感じていました。

同じように、自分の幼少の頃の記憶を探したり、今の想いを再確認したり。

映像とか場面のコンテや原画なんかをみてるだけで、何か、こう、込み上げてくるものがあります。

なんというか、色々思い出したり考えたり出来て、とてもいい時間を過ごすことが出来ました。

こういう風に想いを巡らすことも、新海監督がおっしゃってるお客様との共同作業の中に入ってるのかな。

新海誠監督を始め、関係者のみなさま、素晴らしい展覧会をありがとうございました。

とっても楽しい小旅行になりました!

まなべや

●     ●     ●

おさらい

■新海誠展公式サイト
http://shinkaimakoto-ten.com/

■新海誠展公式ツイッター
https://twitter.com/Shinkai_ten

■大岡信ことば館の新海誠展公式サイト
https://kotobakan.jp/exhibitions/shinkai2017

■大岡信ことば館Twitter
https://twitter.com/kotobakan

■新海誠監督ホームページ
http://shinkaimakoto.jp/archives/751

■新海誠監督Twitter
https://twitter.com/shinkaimakoto

■新海誠作品PRスタッフTwitter
https://twitter.com/shinkai_works

いくつか作品の感想をブログに書いてます。

●【ネタバレ注意】「君の名は。」を見に行ってきたよ! ー まなべや
http://manabeya.com/your_name/

●【ネタバレ注意】「言の葉の庭」を見に行ってきたよ! ー まなべや
http://manabeya.com/kotonohanoniwa/

■シェアする

 

 

■まなべやのTwitter
https://twitter.com/manabeya_com

 

■中の人のTwitter
https://twitter.com/manabehirotsugu

 

 

 

■Facebook


Google+
feed-icon32x32
follow us in feedly
Mail

 

 

 

 

 

 

関連記事

    「君の名は。」展を松屋銀座に見に行ってきたよ!

    TeNQ「新海誠が描く宙展」に行ってきたよ!

    「新海誠展」に行ってきたよ!

    「新海誠展 ―きみはこの世界の、はんぶん。―」に行ってきたよ!

    Z会の「クロスロード」(新海誠監督作品)を見て感じたこと。

 

今日の人気記事

 

 

今日のオススメ感想記事

【ネタバレ注意】「君の名は。」を見に行ってきたよ! 【ネタバレ注意】「聲の形」を見に行ってきたよ! 【ネタバレ注意】「聲の形」を見に行ってきたよ!

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

<最後まで読んでいただきありがとうございました!

 

投稿ナビゲーション

 

コメントをどうぞ

「お名前(ペンネーム)」と「コメント」のみで送信いただけます。メールアドレスなどは必要ありません。
内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。
承認後表示されます。承認されず削除されることもあるので予めご了承下さい。