咳が止まらない時に実践した、咳を止める方法29選

 

公開日:2017年7月17日

 

 

スポンサードリンク

 

 

●     ●     ●

6.胃カメラを飲む(内科)

いろいろ調べている過程で、逆流性食道炎で咳が出ることを知りました。

人間ドックのバリウムでは分からなかったので、胃カメラをやりましたが、結局、最初から胃カメラだけでよかったかなと思います。

胃カメラ苦手なんですけど、最近は眠った感じのままやってくれる所や、鼻からカメラを入れる所があります。

口からが100のつらさだとすると、鼻からが20で、眠った感じの所だと10ぐらいに感じました。

眠った感じの胃カメラ最高!

むしろ、眠った感じのやつは知らない間に終わってたという感じで、次も絶対そうしてもらおうと思います。笑

結果、逆流性食道炎の軽いものとの診断でした。

逆流性食道炎にはグレードがあり、軽いものから、N、M、A、B、C、Dの6段階に分かれています。

参考になりそうなリンクを貼っておきます。
逆流性食道炎|東京慈恵会医科大学 上部消化管外科HP

自分は、グレードM、との診断でした。

胸焼けも、胃もたれも、喉が詰まった感じも、全く何も自覚症状がなかったので、少々びっくりしましたが、ひとつ診断がついたことにホッとしたのをすごく覚えています。

写真でも胃の入り口が少し赤く?白く?なっているのを見せて頂きました。

ただ、咳の原因がこの逆流性食道炎かどうかは分からないが、という慎重な診断も頂いています。

お薬は胃薬を処方してもらいました。

結果、咳が50%ぐらい減りました。

かなり嬉しかったです。

本当に、嬉しかった。

3ヶ月ぐらい胃薬と、あと自分が希望して漢方を処方してもらって飲んでいました。

●     ●     ●

7.Bスポット(b-spot)治療に行く

胃カメラと同じ時期に、気になっていたBスポット治療に行きました。

鼻の奥と喉の奥に薬を塗る結構つらい治療なのですが、自分的にはそこまで痛くは感じなかったです。

ただ、明らかに鼻の奥をぐりぐりされるので、あーくりぐりされてるうううって感じます笑

むしろ、鼻の奥をぐりぐりされるより、喉がオエってなるほうがきつかったです。涙もぼろぼろでるし笑

正直、小さいお子様にはきついかなと思いました。

結果、鼻の奥をぐりぐりした綿棒に血がついており、診断は軽い上咽頭炎との診断でした。

お薬は、漢方を出していただきました。

Bスポット治療はリスクもあるようです。

こちらのサイト(JFIR日本病巣疾患研究会の慢性上咽頭炎のページ)に詳しく載っていますので、ご確認ください。

また、堀田修先生が書かれた「病気が治る鼻うがい健康法」という本もあります。

治療を考えておられる方は、ご自身でもいろいろ調べてみて下さい。

自分はその後、少し忙しくなったのもあって、結局1回しか行く事ができず、咳も変わらず発生していたので、Bスポット治療の恩恵は受けていないと感じています。

Bスポット治療はなんとなく、体全体を良くするもののような感じがしていて、咳だからBスポット治療ということじゃない感じがしているのですが、1回経験したぐらいでは、正直、良く分かりませんでした。

だからこそ、その辺りも含めてもう少し、鼻と喉や上咽頭のことを理解しておきたいし、勉強しておきたいし、という気持ちもあってか、もう少し落ち着いたらBスポット治療を再開して、ちゃんと経験して、喉の調子に変化があるかなど、確認しておきたいと今は考えています。

Bスポット治療

●     ●     ●

8.その後

結果、同時期に、胃カメラで逆流性食道炎と診断され、胃薬と漢方を飲み、Bスポット治療で上咽頭炎と診断され漢方を飲むことになりました。

薬は飲みきったのですが、漢方は飲んだり飲まなかったりしてしまって、でも、3ヶ月ぐらい経って、当初100%だった咳が20%ぐらいに落ち着いていました。

ただ、20%はまだ咳が出ており、完壁に咳が止まったわけではないので、完壁に咳を止めるために、さらにリスクを減らしていこうと決意を新たにしていました。

この辺りで、なんとなく、体の内面が悪いのかなあとも感じていて、もっと生活習慣(運動や睡眠や食事)や、生活の質(QOL:Quality Of Life)向上改善するべきなんじゃないか、とも強く感じていました。

しかしそんな時、また風邪を引いてしまい、咳が100%のひどい状態に戻ってしまいました。

これが今年の春ぐらいです。この時点で1年半ほどが経過していました。

正直、絶望的な気持ちになりました。

●     ●     ●

9.ガスター10を飲む

ガスター10を飲む

咳の変化が100%→50%→20%→100%となってしまい、また最初からかよ。。って、ほとほと疲れ果ててしまって半ば諦めていたのですが、ここまで来たら、もっと簡単なことから一つ一つ始めて見て、一つ一つリスクを減らして行こうと考えました。

そこで、今度は病院に行く前に、市販の薬を飲んでみようと思ったのです。

以前診断されたのは、逆流性食道炎と上咽頭炎です。

その結果から、胃薬と漢方を選択。

まず、胃薬のガスター10を薬局で買って飲んでみました。

今では、お店にいる薬剤師さんに問診してもらえば、普通に薬局やドラッグストアで買えるので、ありがたいですね。

なんと、Amazonでも買えるみたいです。

次は、Amazonで買ってみます。

●     ●     ●

10.漢方を飲む

麦門冬湯

次に、お医者さんで頂いた銘柄ではありませんが、漢方を飲んでみました。

漢方は、普通の病院で診察後に出してもらうと保険適用のものもあるので、先生に相談してみるのもいいと思います。

銘柄は、いろんなサイトで、咳に効くと書いてあった「麦門冬湯」(バクモンドウトウ)です。

Amazonで「【第2類医薬品】ツムラ漢方麦門冬湯エキス顆粒 24包」を買いました。

そして、ガスター10と漢方「麦門冬湯」を一緒に飲んで、3,4日経ったある日。

咳が出ていないことに気が付きました。

●     ●     ●

11.現在の結論

あれ?と思いました。

咳が100%→ほぼ0%になったのです。

喉に異物が入って咳をすることはありますが、以前のように喉がイガイガして咳き込むような事は全く無くなりました。

結論から言うと、「ガスター10」と漢方「麦門冬湯」で咳が止まりました。

「ガスター10」のおかげなのか、「麦門冬湯」のおかげなのか、両方のおかげなのかは分かりません。

一緒に飲むとダメだったのかとか、飲み合わせの確認もしてなかったので、今考えると、ちょっと怖いですが。

あまりにも、急に劇的に咳が出なくなったので、当初は半信半疑で混乱しましたが、逆に言うと、何をしていても以前のように咳が出ないので、本当に直ったのかもしれないと感じています。

今も咳がない状態は続いています。

ただ、のど自体の状態はまだまだ道半ばで、何となく違和感がある時があるので、これからも良い方向に向かうように行動を続けたいと思います。

でも、「ガスター10」と「麦門冬湯」で咳が止まりました!で終わると、それ以外の見えていない部分が沢山あるかもと思いましたので、それ以外に自分でやってみたことや、習慣にしていること、考えを改めたことなども続きに一緒に書いておきます。

ここから下記の項目は、咳が出てから1年ぐらいたった時から意識し始めて、徐々に揃えて行った物や、徐々に習慣にしていった事で、それが積み重なった結果、咳が止まる要因のひとつになったかも知れませんし、何も関係なかったかもしれません。

上記も含め、これから下記に書く事も、どれが要因で、どれも要因じゃなかったのかは、データもないし一つ一つ検証もしていないので、良く分かりません。

が、今では習慣にしており、自分自身とてもいい自覚があることが多いので、そういうものを書き出しています。

今後、咳の有無に関わらず続けられるものは、続けていくつもりです。

スポンサードリンク

 

 

 

■シェアする

 

 

■まなべやのTwitter
https://twitter.com/manabeya_com

 

■中の人のTwitter
https://twitter.com/manabehirotsugu

 

 

 

■Facebook


feed-icon32x32
follow us in feedly

 

 

 

 

 

 

関連記事

    睡眠の質を上げる為に実践していること5選

    カロリーメイト&クリーム玄米ブランでダイエットして、5kg痩せた話。

    生活習慣の乱れを改善する為に見直したこと11選

 

今日の人気記事

 

 

 

 

今日のオススメ感想記事

【ネタバレ注意】メアリと魔女の花を見ました。私、怒ってます。 【ネタバレ注意】アニメ「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」を紐解く。

 

今日のオススメ健康記事

生活習慣の乱れを改善する為に見直したこと11選 睡眠の質を上げ、睡眠不足を解消し、健康の為に実践していること5選 咳が止まらない時に実践した、咳を止める方法29選

 

 

スポンサードリンク

 

 

<最後まで読んでいただきありがとうございました!

 

投稿ナビゲーション

 

コメントをどうぞ

「お名前(ペンネーム)」と「コメント」のみで送信いただけます。メールアドレスなどは必要ありません。
内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。
承認後表示されます。承認されず削除されることもあるので予めご了承下さい。