実写映画「魔女の宅急便」を観たから感想書くよ!

 

公開日:2014年3月15日

 

Twitter
facebook
line
hatebu

魔女の宅急便

 

スポンサードリンク

 

実写映画「魔女の宅急便」を観てきました。

とてもほっこり、可愛かった。

原作は角野栄子さんの小説「魔女の宅急便」。監督は「呪怨」の清水崇監督。脚本は「おおかみこどもの雨と雪」の奥寺佐渡子さん、音楽は岩代太郎さん、キキ役は映画初主演の小芝風花さん。黒猫ジジの声は「けいおん!」「ヒックとドラゴン」の寿美菜子さん。

予告はこちら。

映画『魔女の宅急便』第2弾予告編 ー Youtube

魔女の宅急便といえば、スタジオジブリ版の魔女の宅急便が有名ですが、実は原作小説があり今回の実写映画は小説を原作にして作られています。

そのため、ジブリアニメ版魔女の宅急便の実写版だと思って映画を見てしまうと、途中から内容がぜんぜん違うのでビックリすると思います。

ジブリアニメ版も原作小説も見ていますが、どちらかというと、ジブリ版より今回の実写版の方が、原作に近いです。

●     ●     ●

僕は、ジブリ版の魔女の宅急便も原作小説も大好きなので、実写版もそうなればいいな、と思っていました。

それは、原作小説もジブリ版もとても大切な作品だからです。魔女の宅急便を選んだ以上、そこから逃げるべきじゃないし、気にしないなどあり得ないことです。

だからこそ、好みじゃなかったところを上げろと言われれば、たくさんあげられるであろう、ある意味ハードルの上がりきった作品だとも思います。

●     ●     ●

例えば、フリが弱いとか、動きがもっと派手でもよかったとか、疾走感や爆発力が欲しいとか、違うエピソードだとどうだったのかとか、あと、CG(コンピューターグラフィックス)の出来に波があって正直しんどい場面があるとか。特にCGのジジ、しーじじの動きがあまり好みじゃなかったんです。だから、CGがもっと進化した数年先だったらどうなってたかな、とか考えてしまったり。(ちなみにジジの声はすごくいい。カバはCGだけど可愛いし、というか、ポスターのジジ超可愛い)

ただこれは、好みなので難しいところです。自分、物語のフリが大きくて派手な動きが好きなんです。もっとビューンって飛んだり、もっとギリギリの緊張感とかも好きで、もっと丸っこいモフモフが可愛くて好みなんです。

逆に、淡々としているなら、心底淡々としていて欲しいんです。

じゃあ、駄目だったのかと言われれば、よかったんです。

好きか嫌いかだったら、間違いなく好きです。

傑作になる予感が節々からガンガンにじみ出ていただけに、何というか、悔しいんです。悔しい。正直めちゃくちゃ良かった!って言いたかった。

それがもし、予算や何らかのしがらみのせいだとしたら、とても悲しいじゃないですか。

もちろん全然詳しいことは分からないけど、こここそがアクセル全開にすべき場所だったんじゃないかと、すごく思うんです。

予算を10倍にして、制作期間を伸ばし夏休み公開だったら大傑作で大爆発してたんじゃないか、とか。

もうね、ほんと良かったんです。良かったし面白かったんですけど「魔女の宅急便」だから、さらに望んでしまうんです。

原作小説や、ジブリ版と同じく、驚きの最高傑作を望んでいたんです。

だから、なんというか、すごくすごく感想が聞きたい映画です。

事実、そういう「!」という気持ちにさせてくれる場面が節々にあるんです。それは確実にある。

それはつまり、原作小説や、ジブリ版など全く関係なく、全く新しい魔女の宅急便になっていたんです。そこは正直興奮しました。

きた!と思いました。

その、自分がすごく気に入ったところを三つあげます。

●     ●     ●

まず、一つ目は魔女の血です。

物語の題材が素晴らしいなと改めて感じていました。原作小説が面白いので、当然と言われれば当然なんですが。

いわゆる「プロット」とか呼ばれるもので、つまり「魔女が宅急便をする物語だから魔女の宅急便」というのが素晴らしすぎて、一生物語を作り続けられるんじゃないかと思うほどです。

内容は「魔女修行中の女の子が新しい街でほうきを操(あやつ)り空を駆(か)け、人から人へお届け物の仕事を始める物語」だよという話を聞いただけで、やばい感じがしてきます。

僕は、以前ブログにも書きましたが、見た目「魔女がお届け物をするから魔女の宅急便」だけど、実は「魔女の血を受け継ぎ、それを新しい街や次の世代へどう届けるか」が根底に流れていて、だからこその「魔女の宅急便」なんじゃないかと思っていた訳です。

それは、原作小説がキキの母、キキ、キキの子供たちにまで話が及んでいることからもそう思えるのです。

そして、その「魔女の血」という一見重暗い部分が、この実写映画「魔女の宅急便」にも随所に隠されていた感じがしたのです。

それが垣間見れたりもしたような気がして、何だか、すごくうれしかった。

ようするに、歌の件や重いものを運ぶのもそういう事なんだと僕は理解しました。

キキの成長とトンボとの恋愛もそうですが、「魔女の血」こそが魔女の宅急便という物語のキモだと思っていたからです。

●     ●     ●

二つ目は、世界観です。

架空世界の東洋の街の物語ということだと思うんですけど、作り上げられた世界がすごくよくて、美術とかもすごく好きです。

セットとか、舞台になった街だとか、衣装だとかが、めちゃくちゃいい。

これは、画の作り方も合わせてかも知れません。すごく馴染んでると感じました。

日本のようで日本でないような和洋折衷で、昭和的なようだけど新しいような雰囲気で、めちゃくちゃ可愛い。

服装や、セットなんかもこの作品のために作られたものばかりだと思うんですが、自分、すごく好きな感じのやつです。

誰がクオリティコントロールしているのか知りたいです。やはり美術の岩城南海子さんでしょうか。

新しい街をつくろうとしている心持ちが伝わってきます。

それって、上にも書きましたが魔女の宅急便という物語にとって、すごくすごく大切なことだと思うので。

大好きだったのは、キキの衣装でしょうか、黒と白がすごく栄えてて美しかったです。キキの部屋も良かったです。オソノさんのグーチョキパン屋も良かった。

パンフレットによるとグーチョキパン屋は、ロケ先の小豆島に実際にある風車小屋カフェだそうで、その風車小屋以外を新たに建てて作ったそうです。

当初、小豆島と聞いたときどうなるのかと思いましたが、全然ありだと思いました。むしろ、小豆島で良かったと思います。自分は行ったこと無いんですけど、小豆島素敵だな、と感じました。

あと、赤いラジオがすごく可愛かったです。

昔使ってた、ラジオ思い出しました。自分のは黒かったんですけどね。

キキみたいに、夜一人で聞いてたりしたので。

●     ●     ●

そして最後、三つ目は、キキです。

はっきりいって、最初に書いた好みじゃないことなんてどうでもよくなるほど、小芝風花さん演じるキキがめちゃくちゃいいんですよ。もうね、めちゃくちゃいいんですよ、キキが。最高なんです。めちゃくちゃ可愛いんです。

本当に、本当に素晴らしい。

それは、原作小説ではない、ジブリ版ではない、全く新しいキキです。

キキに関しては、小説アニメ実写三者三様で、とてもバランスがとれていると思います。これを待ってました。ほんと最高です。

とにかく、この映画があまり好みじゃない人も、キキだけはありだと思うんじゃないかと思います。

多分、小芝さんが元々持ってる雰囲気のせいだと思うんですけど、美術やセットともすごく馴染んでて、そこの世界の人に見えるんです。

一番感動したのは、一人の場面。

本当にその世界にいるみたいに見えます。

その時、グッと映画に入り込めるんです。小芝風化さんのキキが引きが強くて素晴らしいです。それ以外の弱いところで現実に戻されたとしても、キキが一人奮闘していると、安心してその世界に入り込める。

予告にもありましたが、飛べなくなるシーンとかめちゃくちゃよかったです。本当に。

2014年のまなべや新人女優賞は小芝風花さんに決定ですよ。まじで。

まあ、そんな賞ないんですけど、この場を借りて、陰ながら勝手に贈らせて頂きます。

あまり褒めると嘘臭くなるんですけど、いつものように、そんなの関係なく書きまくります。

それぐらい、小芝風花さんのキキが素敵です。

それだけでも、観る価値あると僕は思います。

魔女の宅急便の実写作品でキキを演じるという、自分には考えられないほどの重圧、いろんな事も言われただろうし、目や耳にも入って来ただろうと思います。その中で、誰も観たことのない全く新しいキキが表情多彩にスクリーンの中を飛び回っていた事実が、今後いろんな場面で僕を生かし続けることと思います。

小芝風化さん、本当にありがとうございます。素敵でした。感無量です。

●     ●     ●

映画「魔女の宅急便」見て良かったです。

ぶっちゃけ一言で言うと、キキの奮闘もあって、すごく面白かったです。

あと、オソノさん役の尾野真千子さん、キキの父オキノ役の筒井道隆さんもすごく好きでした。

小説やジブリ版の先入観を持ってても、大丈夫かも知れません。全然別物です。

あと自分、子供いないし、一人で観に行ったので根拠はないんですが、それこそ先入観とかも無い子供たちにとってすごく楽しい映画なんじゃないかと感じました。ほうきに乗って飛んでるシーンとか、やっぱりかっこいいとか思いますもん。

あー、俺も飛びてえなあって何回も思いましたよ!

いや、あのほうきに乗りてえなあ、かも

迷っているかたは、この機会に絶対に観たほうがいいと思います。オススメします。

多くの方が予想していると思われるよりも、かなり楽しめると思います。

とてもほっこり可愛くて、良作な邦画だと思いました。

続きがあるのかは、分かりませんでした。

個人的には、キキが大人になって、キキの子供たちが巣立つまで映像化して欲しい気持ちがあります。

つまり、原作小説全部を映像として見たい気持ちがあります。

その際は、是非、予算を10倍にして頂きたいと思います。絶対にそうして下さい。

それでもし、第二弾、第三弾があれば、僕はやっぱり観に行くと思います。

キキにまた、会いたいです。

●     ●     ●

●キキ役小芝風化さんブログ
http://ameblo.jp/fuka548/

●ジジ役寿美菜子さん公式サイト
http://www.kotobukiminako.com/

実写映画「魔女の宅急便」を観たから感想書くよ!」への2件のフィードバック

コメントをどうぞ

「お名前(ペンネーム)」と「コメント」のみで送信いただけます。メールアドレスなどは必要ありません。
内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。
承認後表示されます。承認されず削除されることもあるので予めご了承下さい。