100万回生きたねこの感想

 

公開日:2012年7月11日

 

Twitter
facebook
line
hatebu


100万回生きたねこ


それは、僕のすべてだ。

 

スポンサードリンク

 


100万回生きたねこのこと


来年、100万回生きたねこのミュージカルが上演されるそうです。

満島ひかり、初ミュージカルで森山未來に仕掛ける“企み”とは!?
http://ticket-news.pia.jp/pia/news.do?newsCd=201207090009



森山未來さんも満島ひかりさんも好きな俳優さんなので、観に行きたいと思ったのだが、チケットは取れるのだろうか。

2013年1月8日に観に行ってきました。素敵な舞台でした。
感想はこちら。
【ネタバレ注意】ミュージカル『100万回生きたねこ』を観た感想レポート
http://manabeya.com/?p=14486





僕の手元にあるものですでに、48刷だ。
いったい今、どれぐらいになっているのだろう。


この「100万回生きたねこ」の何が好きなのか、と言われたら、それはなんだろう。
とても難しい。

絵も好きだし、使われているフォントも好きだし、
全体的な言葉の足りなさも好きだ。

そして、その本自体の大きさも。


僕は、紙の本がなくならないと感じているのは、この本の存在があるからだ。
他の本は、電子書籍になれば紙の本は無くなってしまうかも知れないが、この本は電子書籍になったとしても、残ると思っている。

何故そこまで確信しているのかというと、
何より、僕の元からこの本が無くなることは、絶対にあり得ないからだ。

以前、ブログに実家から唯一持ってきたものは「風の谷のナウシカ」の原作本だと書いたが、実は「100万回生きたねこ」もそうなのだ。

それらは、自分のそばに置いておくべきもの、なのである。


余談になってしまうが、
僕がレコードの存在がなくならないと思っているのは「天空の城ラピュタ」のレコードを初めて手にした時の想いがあるからである。

その大きさや重さ。


僕自身がパッケージ品を発売するときは、
時間を掛けてもレコード盤を発売するつもりだ。
いつになるか分からないが。

その想いが、僕が音楽を諦めない理由でもある。





「100万回生きたねこ」は人により、いろんな解釈があると思う。


人生は本当に短くて、すべてが、いつも遠い場所にある。

本当に大切なものを何とか探し当てたと同時に、それが無くなっていることに気がつくのだ。


生きることは、残酷だ。
いつか、必ず大切なものを失う。



100万回生きてきたねこは、
その時、自らが生き続けてしまうかもしれないことを分かっていたはずだろう。

愛するものは、確実に自分よりも先に死んでしまう。
助けることなどできないだろう。
自分がその後、また、何万回、何百万回と生きるかもしれない。
今や野良猫になり、死ぬことすら出来ないかもしれない。
愛するもののいない世界を、延々と生きることになるかもしれない。



100万回生きてきた話を聞いた白いねこは、
自分が先に死ぬんだということを覚悟していただろう。

愛するものよりも、確実に自分が先に死んでしまう。
自分が死んだ後も、ねこは生き続けるだろう。
そんな毎日の中、やはり、ねこは自分の事など忘れてしまうだろうか。
そもそも、自分を思い出すことなどあるのだろうか。

愛するものを残して、いつか必ず死ななければいけないのだ。
しかも、日に日に自分だけがやつれていく。




それでも、ねこと白いねこはずっとそばにいた。





僕自身はどうだろう。

今、何回目だろう。
いったい何回生きたのだろう。




何かが、僕を待ってくれているかも知れない。

もしや、100万回生きてきた誰かを待っているところなのかも知れない。


その時のために、1回でも何百万回でも、僕は生きる。


空虚だって虚構だって幻想だって構わない。
悲しくても寂しくても苦しくても構わない。

その為に、死んだって構わない。

僕は、白いねこに会いたい。



100万回生きたねこは、希望の物語だと僕は思う。





眞鍋 弘嗣 ( @manabehirotsugu  Hirotsugu Manabe







●2013年1月8日にミュージカル「100万回生きたねこ」を観に行ってきました。とても素敵な舞台でした。
【ネタバレ注意】ミュージカル『100万回生きたねこ』を観た感想レポート
http://manabeya.com/?p=14486
100万回生きたねこ

こちらの記事も是非。

    【ネタバレ注意】ミュージカル『100万回生きたねこ』を観た感想レポート

    「Chikirinの日記」の育て方の感想

    SWITCH 特別編集号 2012 ソーシャルカルチャーネ申1oo The Bibleを読んだ感想

    ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q ニコニコ動画版予告見たよ!

    Pen+大人のための藤子・F・不二雄を読んだ感想

    魔法少女まどか☆マギカ×スポーツ報知 特別号コラボ新聞買ってきたよ!

    ハンターハンターの0巻をもらいに行ってきました

    アニメグラフWUGの感想。

    「寄生獣」ハリウッド実写映画化って本当?→邦画実写映画化、テレビアニメプロジェクト始動決定

    SWITCH 特集細田守監督 おおかみこどもの雨と雪はこの世界を祝福する を読んだ感想

    「ジブリの教科書1 風の谷のナウシカ」(文春ジブリ文庫)を読んだ感想

    【ネタバレ注意】風立ちぬ絵コンテ全集を読んだ感想です。

コメントをどうぞ

「お名前(ペンネーム)」と「コメント」のみで送信いただけます。メールアドレスなどは必要ありません。
内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。
承認後表示されます。承認されず削除されることもあるので予めご了承下さい。